自然大学

September 01, 2011

若狭合宿 P2 シュノーケリング 08272011

今回の目玉はシュノーケリングの実施です。

海浜センターで午後1時より簡単な講義があり、そしてウエットスーツの装着、シュノーケルの装着、使い方等の説明の後に全員がウエットスーツに着替える。

いやはや、ピッチリのウエットスーツにこの体を入れる事に四苦八苦。 一仕事。

一旦体が入ると今度は暑さが襲う。 体全体がスーツの弾力で締め付けられ、心地は良い。

カナズチながらシュノーケリングは微かに経験した記憶がある。 40年程昔。 おもちゃのような水中メガネとシュノーケルをつけて小さな湾を小さな浮き板につかまって横断。

海の色が青から黒くなり底なしに続く。 下の方から“こっちにこい”と手招きされている気になった。

今日は指導員が回りを囲み私たち19人の行動を監視。 ロープから出ないように指導。

そんな小さな範囲の中でシュノーケルを噛み海水に顔を付けると自然と体が伸び水に浮く。

今回の為に、デジカメで水中撮影出来るプラスチックの袋様の装置を使い撮影開始。

水深50-100cmと浅いせいか、それなりに強い波で体が簡単に転がされる。

そんな中で撮った写真を紹介。

魚も写ったよ。

 

Photo

Photo_3

Photo_7

Photo_9

Photo_10

| | Comments (0)

August 31, 2011

若狭合宿 0827-2011

若狭町のかみなか農楽舎に宿泊の1泊2日の合宿が始まった。

先ずは10:30頃に到着して早速、竹で自分用の椀と箸を製作する。

終わる頃には流しそうめんの準備が終わる。

竹の流し樋、今年は新しい竹です。 長さは10m近い。

何時もそうですが、このようにして食べると食べ過ぎる。

みんな、おなかを押さえていました。

Photo

| | Comments (0)

March 24, 2011

島根の旅 P5 石見銀山 030611

銀山その物はあまり印象に残らない。

石見はその街並みだ。

世界遺産の話しのかなり前から街並み保存が行われていたそうですから、先見の明があったのだな。 電柱が無いから空がスッキリと見える。

Photo_6

戦国時代の頃には世界の銀生産量の三分の一を石見一山で産出していたそうです。

坑道は生野鉱山のほうがはるかに優れており、規模も大きい。

石見の町並みは確かに良く保存されているが、私には世界遺産としての石見銀山はなにかインパクトに欠ける。

なぜだろう?

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

| | Comments (0)

March 22, 2011

島根の旅 P4 国民宿舎三瓶荘 030511

昨年の下見で来たから勝手知っている宿で、その露天風呂が有るゆえに、そして、宿のそこここに有る気遣いの飾り、が有るゆえに私の好きな宿で今後この辺に来た時は必ず泊まりたい宿です。

Photo_4

しかし団体の悲しさ、この日、私が割り振られた部屋は二人用の洋室だが洗面台が無い。 トイレはある。

通常、洗面台は有るがトイレは無い、というのはそこここに有る。

だが、実際に使ってみると洗面台が無い部屋は本当に不都合だ。

機会が有れば、この部屋に洗面台を作るよう、或いはトイレを潰して洗面台に改造すべきと提案しよう。

Photo_2

Photo_3

| | Comments (0)

May 05, 2010

中池見 050110

マイスターの自主企画でJR敦賀駅から歩いて約30分で中池見に着く。

ここは海抜40mにある泥炭層の蓄積した湿地で多様な生物が生きている。

10年位前からか、大阪ガスがこの付近を買い取りガス供給基地にしようと計画したようですが市民による反対運動などで大阪ガスはギブアップして敦賀市に寄贈。

いずれにしてもこのように市民の住宅地に隣接している場所をよく保全しているものだと感心しました。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | Comments (0)