« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

May 22, 2012

裸視のほぼ金環日食 05212012

 

足の怪我で動けず、家族に頼んでいた日食用グラスも忘れられ、また曇天の予想でほぼ諦めていた。 

 

ところが7時頃には朝日が差し込んできたので間接観察用のピンホール筒を急遽作って7時15分頃かテストしたが日光が無くなりテスト出来ず。

 

25-26分頃から太陽をそっと見ると、なんと雲の中に輪郭が!

 

慌ててカメラで撮影。

 

裸視で観察。

 

雲のお蔭で無事でした。

Photo_2

Photo_4

Photo_5

| | Comments (0)

May 08, 2012

熊野古道完歩会第七回 エピソード

日本最後の仇討場所
大阪と和歌山県の府県境から4-5m大阪に入った所にあります。
石板の説明のような状況だったようです。
私なりにウェブで調べると、
*仇をさがして大阪で苦難している事を知った坂本竜馬は勝海舟にたのみ仇討免状と諸国役人宛ての探索依頼状を発行してもらったそうです。
さて、紀州藩は何故自分の藩内でなく藩外で行うようにしたのであろう?
多分当時の大阪側は岸和田藩かな。 敵討ちをした検証はどちら側がしたのだ
ろうか、そしてその後の処置、遺体のかたずけはどちらの藩が行ったのだろうか?
当時の紀州藩(徳川家)と土佐藩は非常に仲がわるかったよね。だから藩の外
を提案したのかな。
Photo


| | Comments (0)

May 05, 2012

熊野古道完歩会 第七回 04302012

日時:2012年4月30日

家を出る時に玄関で左足の甲外側を打ち痛みが走るもそのまま継続。

JR山中渓駅を9時半に和歌山目指して出発。

道幅に対し車の交通量が多く危険を感じ地道を探したが無い。

県境のすぐ手前に“日本最後の仇討場”がある。 横の川を渡れば和歌山県です。

当時の紀州藩は領地を出た所で仇討を許したそうです。

今日の行程は全体に下りで比較的楽であるが私の足には良くないようです。

中山王子跡で仲間から湿布を貰って痛いカ所に貼り付けました。

和歌山に入って最初の集落、滝畑は昔の山里のような雰囲気があるます。

この辺りから“ゴミ処理場の建設反対”看板が頻繁に見えます。

“熊野古道を美しくしています”の看板も。

そして峠の不動尊の小さな社があります。 中には小さな石の不動尊がおりました。

やがて湯屋谷の集落にはいり山口王子跡を見、そして漸く住民と出会って小野小町の墓所を訪ねる。 その方は“ほんとうかどうかは知りませんが、あそこの人様の墓地の中ですから入れて貰って見てください。

そして山口神社の鳥居を過ぎたあたりでギブアップ。

今日の予定は布施屋まで16kmをここJR紀伊駅近くのほぼ10km地点で終了とさせてもらいました。

残念

Photo

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »