« 熊野古道完歩 P2 120511  | Main | 書写山園教寺 11232011 »

December 06, 2011

ブータン国王 120611

最初に認識したのは昭和天皇の大喪の礼の中継テレビで見た民族衣装「ゴ」を着て出席された第四代国王 ジグミ シンゲ ワンチュク国王であった。

どてらに似た服装で異例な服装であるがその若い国王の堂々とした立居振舞に感服して、是非ブータンという国に行って見たいと思った。

10年程前にビジネス繋がりのグループでタイ人がブータンに行く計画を立て、参加を決めえいたが理由は覚えていないが直前にキャンセルになってしまった。

 

今回の第五代国王ジグミ ケサル ナムゲル ワンチュクの訪日のTV中継で見る聡明な顔つき、挨拶する時の、真摯さに満ちた立居振舞は殆どの日本人の心に沁み込んだと思います。

今、日本に来る外国の要人、王族、の誰を見ても心に響く真摯さを感じる事は無い。

このような国王を持つブータンには是非行って見たいと改めて感じた。

ブータンの国旗:

800pxflag_of_bhutan_svg

 

|

« 熊野古道完歩 P2 120511  | Main | 書写山園教寺 11232011 »

Comments

The comments to this entry are closed.