« ダイサギ 淀川101010 | Main | 新薬師寺のチョウとクマンバチ »

October 14, 2010

ヒガンバナを見たくてP1. 101110

突然、ヒガンバナを見たくて10時過ぎに家を飛び出し奈良に向かった。

どういう訳か見る場所は自動的に“山野辺の道”である。

JR大和路快速を利用。

平城遷都で賑わっているが、取りあえず新薬師寺は反対方向なので道路の混雑はあまり無いであろうと勝手に解釈して、うっかり巡回バスに乗ってしまった。 10年一日でこのバスに状況は全く変わりなく渋滞の中をノロノロ進む。

最初の新薬師寺:

庭にはハギが本堂の白壁を背景に最後の美を見せてくれる。

そのハギに集るシジミチョウとクマンバチをマクロで写す。

さて、肝心の12神将なのだが、20年程前に観た印象がズーット心の中に残っていたのですが、今日は、それと全く違う姿を見た。

20年前の印象は、表情が何れももっと力強く、荒くれだっていたのが、今日は何れも易しい表情になっている。

12神将の配列も長方形に配位されていたのに、楕円形に配位されている。

寺の人に「20年まえと配位が変わっていませんか?」 と聞くと、目を丸くして、「これは塑像だから動かせません。 配位は同じです」と。

と言う事は、自分の心が20年前と変わってしまったのか?

或いは、私の記憶システムが旨く機能しなくなったのか?

バサラ大将の写真を購入して今観ているが、額の皺はもっと深く、目はもっと怒っており、口ももっと引きつっている。

私のバサラの顔の記憶域に何処か別の像が混ざってしまったのか?

Photo

Photo_3

|

« ダイサギ 淀川101010 | Main | 新薬師寺のチョウとクマンバチ »

エッセイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ダイサギ 淀川101010 | Main | 新薬師寺のチョウとクマンバチ »