« 野村陽子さんの植物細密画 061810 | Main | 部分整経器 062310 »

June 21, 2010

液晶腕時計の寿命 061810

先週、古い腕時計を見て居て再度動かしてみたいと思う時計を修理にお願いした。

液晶腕時計:

顧客がプロモーション用に作った物を頂いた。12-3年程前か。

海外出張時は必ず持ち歩き良く利用しました。

日本との時差には良く利用した。

また、目覚ましとしても良く利用した。 但し私の海外出張は殆ど一人旅だから朝の設定時間に起きる事は非常に重要なので必ず機械式で手巻きのスイス製携帯目覚時計と併用していました。 お陰で朝寝過ごした事はありません。

この液晶時計は2-3年、放置していた。

修理屋さんは、液晶の寿命で何もできません、と。

Photo_4

コーツ腕時計:

これは20年程前の物か?

当時のスイス本社が何の目的かは不明だが作った物をオーナーの一人から貰った。  上の時計と違い、保存スチール箱の中でズーッと眠っていた。

電池を入れ替えた事で蘇った。

表にも裏にも製造者名が無く、唯 SWISS MADE としか書いて無い。

私はメカ好きだからこの小さな時計がなにも無かった様にコツコツと動くのは嬉しい。 当分私の腕に巻こう。

上記2個共に買った物ではありません。

また、高価な物ではありません。

しかし液晶表示の腕時計の無残さにはガッカリで所詮こんな物だったのだ、と思うし、だから液晶のTVやPCの液晶モニターが永続的に機能を発揮するはずがなく、そんな物に多額な金は払わない。

Uhag_3

|

« 野村陽子さんの植物細密画 061810 | Main | 部分整経器 062310 »

コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 野村陽子さんの植物細密画 061810 | Main | 部分整経器 062310 »