« 佐々里峠 112109 | Main | 小谷山 122009 »

December 15, 2009

能勢の民家 121509

この12,13日、ハイキングの仲間達と能勢温泉で宿泊忘年会を行いました。

13日は朝8時から剣尾山、横尾山にのぼり、ほぼ12時頃に宿に帰り昼食バイキングをとった。

私は丁度終わったアート展の疲労を癒す良い機会でした。

気になる事:

この宿の横に江戸時代末期に建てられた能勢の民家が移設されている。

近くで見ると、いまは殆ど手入れがなされて居ないから屋根の葺きかえ時期はとっくに過ぎている。

全景から見ると屋根が腐りかけているように見える。

看板から見ると地元の教育委員会が運営していたと思われる。

これも地方が疲弊している証拠なのか?

やがて屋根は落ち腐り果て、責任は誰も取らないのだろう。

Photo Photo_2

|

« 佐々里峠 112109 | Main | 小谷山 122009 »

コラム」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。相変わらずユニークでチョット辛口の文章を楽しく読ませて頂きました。
能勢の民家はもともと保存する気もなく客寄せパンダ見たいな物です。
佐々里峠で張り切りボーイになりそうな事書いていましたが無理しちゃ駄目ですよ、僕は16日に天狗道で滑り腓骨骨折でギブスした状態です。恥ずかしい話です。悔しいけど春まで山はお休みです。
佐々里峠はもう一度行って見たいですね。
30年位昔に広河原から峠を越えて灰野からトロッコ道を七瀬まで行きましたが未だ行けるかな?

Posted by: 信ちゃん | December 19, 2009 01:44 PM

信ちゃん
腓骨骨折ですか。 大変ですね。
今、気をつけて居ることは二つの事を一度にするな。です。
ちょっと前なら難なくこなして居たことが今出来ない。
佐々里峠では、一つの事に集中して斜面を駆ける事が出来ると判断でき実際問題無く駆ける事は出来ました。 問題は最初の一歩を踏み出す時間が掛った事でした。
昔、峠からかなり北上して斜面を下りトロッコ道へ出て、灰野、そこから佐々里峠に登るルートを経験しました。

Posted by: shima | December 21, 2009 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佐々里峠 112109 | Main | 小谷山 122009 »