« 能勢の民家 121509 | Main | 融雪道路 122309 »

December 23, 2009

小谷山 122009

以前から行きたかった山。

今回、仲間5人と漸く実現しました。

山そのものの魅力より浅井長政という悲劇の武将本拠であるこの山はどうしても登りかったのです。

河毛の駅から東に歩き、突き当りの山裾は歩いて気持ちのよい浅井の集落。

小谷山への道は私たちのグループ以外に人は居らず、黙々と雪を踏みしめ周りの自然を見ながら登る。 熊注意の看板が有るが今頃は冬眠中のはず。 

清水谷を挟み向こうに小谷城址が良く見える。

約2時間で積雪約30cmの山頂495mに到着。  ザックに腰を降ろして昼食。

Photo Photo_2

この山頂から清水谷を挟み小谷城址はほぼ100m下に全景が見える。 だからこの城を落とせば小谷城は落とせると見える。

山頂から清水谷への鞍部を通って小谷城にゆく。

この下りが面白い。

山王丸跡は長政の父が立て篭もり自害した所。 次は京極丸跡、秀吉が清水谷から攻め上がり占拠した事で浅井親子の連絡を断つ。

そして中丸跡。 過ぎると本丸跡が目前にせまる。 長政は本丸直ぐ下の赤尾屋敷で自害したといわれる。

この山城が出来たのは1500年の初期、10-20頃。

戦の時だけに使う城ではなく常用していたようで、その為に多額の費用と体力を要したであろう事を実感した。

素晴らしい景観のこの山城は、しかし戦に強かったのかな?

Photo_4

Photo_5                           800

|

« 能勢の民家 121509 | Main | 融雪道路 122309 »

山、ハイキング等」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 能勢の民家 121509 | Main | 融雪道路 122309 »