« コーヒーの木 111309 | Main | 整経ドラムシステム 120209 »

November 30, 2009

船坂ビエンナーレ

久し振りに農園を訪ねた。

秋晴れの日、船坂では“船坂ビエンナーレ”が行われており我が友人の農園の周りには作品が設置されている。

初めは、少しウナッタが見て回り始めると、それらの作品が六甲を背景のこの段々畑の景色とマッッチして非常に溶け合って見える。

芸術のちからですね。

最初の“旅する”は竹の先に木札が吊るされ船坂の人たちの生死を象徴していると言う。  “コイル”は蚊取り線香に色を塗って並べてある。

“一畳茶室”はにじり口から覗くと船坂の風景が切り取って見れる。気に入った。 そして“船坂城”は我が友人の畑の横。 

そこから友人の農園1がほぼ全景が見える。

Photo_6 Photo_7            Photo_8             Photo_9

Photo_10

Photo_11 Photo_12

ふと対岸の山を見ると一部景色がブレている。

どうもその部分、竹が一斉に涸れているようです。

Photo_13

|

« コーヒーの木 111309 | Main | 整経ドラムシステム 120209 »

コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コーヒーの木 111309 | Main | 整経ドラムシステム 120209 »