« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

April 25, 2009

少し休みます

明日(25日)急遽入院!

そして27日に手術をします。

3-5日後に退院です。

手術はややこしい物ではありません。

ノートを持ち込み機会があればネットに接続してみます。

| | Comments (4)

April 14, 2009

疎水ハイク 040409

この企画は疎水取入れ口を見て京都、永観堂前の野村別邸に行く計画であった。

しかし野村別邸への入邸時間が11時と決められて問題になった。

その両立の為に:

    JR大津駅から疎水取入れ口、疎水沿い歩きで10時半までに京阪山科へ。

    山科から蹴上まで電車で行き、野村別邸11時が可能となる。

サクラの時期はピッタリ

ただ天候は、雨模様、だが歩くに支障は無い。

一応、サクラだけで無く、時々ミサイルの落下にも目を向けて下さいと冗談交じりで話したが無粋な事である。

琵琶湖からの疎水取り入れ水路には京大のボートハウスがある。

山の向かう水路がサクラ並木です。

Photo Photo_2

曇った空でもサクラは綺麗。

トンネル入り口で疎水と別れ

小関峠を越えると今度は山科側(京都側)の水路。

ここも桜並木。

古く大きな桜の木が多い。

水量の多い疎水とサクラの組み合わせは良いですね。

多分疎水が出来た時からサクラはあったのだろうなー。

そして山科駅に10時半前に到着。

Photo_3 Photo_4             Photo_5             Photo_6

| | Comments (0)

April 08, 2009

夜の雪

3月28日夜、食事後に建物から抜け出すと雪が降っていました。

こんな時期に雪が降る?

暗い空から突然、部屋から漏れる光に当り見えてくる。

まっすぐ降ってくる。

雨のように降ってくる。

円くアラレのような粒。

円いから空気の抵抗が少ないので真っ直ぐ降る。

取れるかなーと思いながらデジカメを取り出し写す。

撮れました!

アラレのように丸い。

Photo Photo_2

| | Comments (0)

April 06, 2009

雪山

3月29日、朽木村(現、高島市)の桑原橋の経ヶ岳・三国岳登山口から入る。 昨夜の雪は平地では2-3cm程度であるが徐々に多くなる。

やがて靴は10-20cmの深さに入る。

これは又、本格的な雪山です。

経ヶ岳と三国岳の分岐点に漸く到着。

Photo Photo_2

Photo_3

ここから三国岳山頂までの峰道は更に雪が深く時々足が膝上まで埋まる。

写真を見るとルート参考の赤テープの位置が高く本番の雪の深さが伺えます。

そして漸く959mの山頂へ。               

計画では更に縦走する予定でしたが、多分普段の3倍位の時間かかり、先に行く事を断念して下山となりました。

下山路は5-6年前に、矢張り此処で猛烈な吹雪に見舞われて下山したルートと同じでした。

自分の体力に少し疑問が有りましたが、今回、皆さんに迷惑をかける事が無く良かった! 

そして、“まだ行けるぞ”と言う自信も少し得ました。

Photo_4 Photo_5             Photo_6

| | Comments (2)

April 05, 2009

片波の杉

仲間に誘われてこの大きな杉を観察して来ました。

京都の北、片波川の源流附近。

樹齢1000年を越えると言われる平安杉、幹周りが15m以上、等この一帯には多数のの長寿杉(芦生杉)が有ります。

長岡京や平安京の造営時に建築用材としてこの地から供給されたそうです。

どの様に運搬されたのだろうか?

鎌倉時代に一本の杉から多くの樹が取れる台杉(やぐら杉)仕立てという手法が有り、盛んに行われていた様ですが、その後、一本杉が中心となり台杉は南北朝の頃から放置され台杉仕立ての杉は大きくなり過ぎ用材としての価値が下がり、その為に今まで伐採から逃れられたと言う。

平安杉に手を宛て生命力を感じ取った。 心の中で良く生きて来たねとねぎらった。

Photo Photo_2

そして私たち6人の歩いた足跡を見ると杉達の根の上を歩いている事に気付いた。

つまり観測路の大部分が根の上を通っている。

これから大勢でこの観測路に入ればどうなるか、は想像出来る。

ネットで調べると、この樹林へはインストラクターを雇って入るようになっているようです。  

観察には非常に難しいと思いますが、この杉達の根を決して踏まないように観察路を配置して欲しいと思いました。

Photo_4  

             

| | Comments (1)

April 01, 2009

もくさん

2月28日はマイスターの最終講義、龍谷大学法学部の高村ゆかり先生による “京都議定書後の地球温暖化防止国際交渉の動向”がありました。 そして第二部に“もくさん”が登場して口笛を披露した。 口笛?  とっくの昔に吹けなくなった。 何が始まるのだろう? その口笛の音色は高音が空気を切り裂くように鳴り響く。 素晴らしい口笛でした。

| | Comments (2)

« March 2009 | Main | May 2009 »