« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 26, 2008

再び大阪―京都 パート4 

京阪の伏見桃山を出発し乃木神社を経て明治天皇御陵へ。

私は2回目であるがその壮大さには感銘を受ける。

約230段の石段を上がると御陵が広がる。 写真ではその大きさが伝わりません。

Photo Photo_2

伏見桃山城を経て墨染寺、藤森神社を経て疎水横を歩き、伏見稲荷へ。

ここは相変わらず参詣客で一杯です。

紅葉の紅と鳥居の紅。

以前はこの門前にスズメが並べられ、焼き鳥のスズメも置かれていたが今回は目撃出来ず。

Photo_3 Photo_4

そして東福寺に向かいます。

Photo_5 Photo_6

その直前の光明院が今回のハイライトです。 東福寺は観光客で満杯ですがここは枯山水の名庭を座ってユックリ見れます。

しかしこの庭の写真がJR等のポスターに使われてから観光コースに取り入れられ訪れる人も増えています。  そのせいか、“庭の鑑賞に興味の無い人や大勢での入場はお断りします”と書いてある。

Photo_7 Photo_8

東福寺の境内に入ったのは2時過ぎで、その時、庭への入場を待つ列の最終尾は2時間待ちですと言っていた状態で信じられ無いが続々と見物客が押し寄せる。

私にはとてもそんなにまでして入場して紅葉見物する価値が見出せない。

東福寺を通過するのに臥雲橋を渡るがここは通天橋を見渡せるビューポイトだから通勤電車並みの大混雑。 その中で写真を写した。 

大回りをして東大路にでて北上すると大きな木が見えその神社に入った。

当初の計画には入れてなかったこの神社は後白川上皇が熊野から資材を持ち込み創立した新熊野(いまくまの)神社といい、上皇手植えのその木は大樟(くすのき)と言い樹齢850年! 神様になった大樟が私たちを呼んでくれたので丁度新嘗祭が終わった時でしたが桟敷に座り神の雰囲気を感じながらゆっくりと休憩をしました。

Photo_9 Photo_10

  

そして三十三間堂を横に見て鴨川に下り五条大橋をへて四条に到着しパート4が終わりました。

Photo_11

| | Comments (2)

November 24, 2008

昆陽池 11月15日

マイスターの野外講座で伊丹の昆陽池に行った。

池の真ん中には日本列島を模した島がありその太平洋側の大部分に白化した木があります。

現在、約800羽の鵜の糞により木が枯れ白化したのです。

行政は鵜の個体数を800羽以上増えないようにしたい意向で、その為産卵すると石膏で作った偽卵と入れ替える。  産卵された玉子を排除してしまうと鵜は再び産卵する。 だから偽卵を抱かせるのだそうです。

大阪市大の先生は、今、モズやカモメ、鵜の研究をしており特に、玉子の時差産み(1-2日)に従って最初に生れた雛が一番大きく、多分餌も一番良く食べる。 しかし、小さい雛も餌を食べる。 先生達のグループは産卵された玉子に細い針を刺し少量の黄身を取り出す手法を開発した。 そして黄身の中のテストステロンと言うホルモンを取り出しこれが雛の成長促進と活動に関係し、例えば小さな雛ほどテストステロンが多く従って活発に大きな鳴き声を出して親鳥から餌を獲得するのではないか、と言う事等をこの手法を使って実証出来るような調査、研究をしている。 これは現在、日本最先端の研究のようです。

Photo Photo_2

| | Comments (2)

November 16, 2008

箕面の紅葉

紅葉の時期の箕面は始めてである。

何時でも行ける近い所だから、と思っていたのです。

紅葉はまだ1-2週間早いのかも知れない。

天気は曇りで太陽が無いから少し燃えていても色がくすんでいる。

しかしこの曇り空でも多色の色が山一面に広がっている。

落ち着いた色模様です。

Photo  Photo_2             Photo_3

昨日は平地をほぼ14km歩き、今日の行程はたいした事は無いと思っていたが、後半になると流石に昨日から残った疲れが加わる。

新たな付き合いの始まりだから、この位の疲れは何でもない。

| | Comments (2)

November 11, 2008

再び大阪―京都 パート3

京阪八幡市駅を9:10に出発したパート3は今回も小雨に見舞われた。

先ずは三川合流(北から桂川、宇治川、そして木津川)の真ん中に背割堤がある。   ここは春の桜の名所です。

淀城跡と淀競馬場の横、宇治川の堤を歩き、雨を避けて国道橋の下で昼食。

そして伏見港に到着。

Photo Photo_2

大阪の八軒屋を出発した上りの三十石船の船旅は伏見港で終わる。

私達の歩きも大阪からほぼ三十石船の経路に沿ってきた。

伏見港は昔の雰囲気を伝えるように新たに作ったようです。

この港から壕川沿いに伏見の街へ向かう歩きが今回のハイライトです。

この壕川は疎水が注ぎ込み途中で宇治の観月橋下流から取り入れた宇治川の流れと合流する。 大きな名称では京都疎水は伏見港で宇治川と合流して終わる。

河畔の道は近所の住民が自分の趣味で花が植えられ目を楽しませてくれます。

今回初めて見る事が出来た河畔の柳は更に壕川の風情を高め、改めてこの風情の中を歩けた事は幸せです。

Photo_3 Photo_4             Photo_5             Photo_6            

寺田屋に立ち寄った後、月桂冠大倉記念館に入り昔の酒作り行程に使われた道具類の展示を見、昔の宣伝ポスター、そう、今でも有りそうで無い図柄のポスターをみました。 このポスターは昭和8年に作られましが当局から許可されず幻のポスターになりました。

この女性の横に、“絶対に防腐剤を含ます”と書いて有りますね。

雨にも係らず順調な歩きが出来ました。

Photo_7 Photo_8             Photo_9

| | Comments (2)

November 08, 2008

続大阪から京都 パート2 飛行神社編

予想外だが岩清水八幡から八幡の町に下り駅に行く途中に、この飛行神社がありました。

この神社は明治24年、二宮忠八が航空受難者の霊の為に崇め祀ったとの事。

この神社の縁起略記をお読み下さい。

Photo Photo_2             Photo_3

二宮忠八の飛行機設計図はライト兄弟初飛行より16年前に出来上がっており、陸軍に製造を提案したが受け入れられなかったそうです。

正面にはF4ジェット戦闘機のエンジンが展示され、更に昭和53年、大阪湾で漁師の網に引っかかり見つかった零戦の機首に曲がった3本のプロペラが付いたまま展示されていた。  

この零戦の機首の前に立った時に思わず心が振るえました。

この零戦のパイロットは何を考え海に突っ込んでいったのだろうか。

百数年前に建てられた神社ですが今は世界の航空事故による遭難者の霊を祭る招魂神社ですね。

名前は聞いていましたが珍しい神社でした。

| | Comments (0)

November 03, 2008

ガラスの源氏物語

111日の午後、私市での自然観察実習から急いで天王寺に向かう。 そして一心寺の写経堂に着いたのが3時半頃。

植村佳菜子さんの“ガラスの源氏物語”展で今日一日だけ。

絵皿のベースは山村ガラスの工房で一枚ずつ手作りする。 その時、絵の背景色は40グラムの色ガラスを直径約35cmの皿面全体に均一に広げて裏側とする。(背景色は通常表側だそうです)

こうして出来た皿に植村さんが源氏絵巻54帖の絵付けをして焼付け、出来上がった作品が並んでいる。

皿の表にえがかれた絵と皿の後ろから背景色の上に描かれた絵は皿の厚み、多分8-10mmを通して重なり絵に深みがあります。 更に厚みが有るから見る角度を変えると絵が微妙に変化する。  私の頭の中では光源の角度を変化させたり、動かす、また光の色を変化させたりすると、どうなるだろうと想像力をかき立てる。

Photo Photo_2             Photo_3             Photo_4

この日の朝日新聞の朝刊に記事がでていたので、それを見て急遽訪れた人も多く、閉館の午後4時ではおさまりそうも無かったと思います。

植村さんは既に源氏絵巻54帖を紙に書き上げているが今回の絵は皿の円形に合わせ新たに3年かけて描き焼き上げたそうです。そして1000年紀に間に合わせた。

彼女は手作りの七夕祭りや新重陽の節句等ユニークな活動を主催していたが、ここ1-2年、それらの活動を止めたので寂しく非常に残念に思っていた。

しかし、このガラスの源氏物語を見て、新しい、素晴らしい可能性を見つけたのだなーと感じ、益々発展して欲しいと思います。

下記のページには以前植村さんの書いた源氏絵が有ります。

http://bentenmok41.air-nifty.com/woolhorse/2005/08/post_44fe.html

歴史的に文化的に芸術的に重要な物語と思ってはいますが、私自身はまだ源氏物語を読んだ事が無く、そしてまだ読もうとも思わないのです。

しかし部分的にその着ている着物の形や色の表現には興味があります。

だから6月に相国寺で見た源氏錦織絵巻を見、その織物の技術力に魅了されました。

下記のページには相国寺承天閣美術館での印象:

http://bentenmok41.air-nifty.com/woolhorse/2008/06/post_ee3c.html

*写真撮影とこのブログへの掲載は植村さんの了解を得ています。

| | Comments (4)

November 02, 2008

再び大阪―京都 パート2 

10月26日(日)

パート1と対照的に今日はほぼ全行程に亘り小雨が降ったり止んだり。

9:00に枚方公園駅を出発して枚方宿の鍵屋で昔の船宿の雰囲気を感じ淀川資料館で河魚や資料を見、床にプリントされた毛馬閘門から伏見に至る航空写真にルートが長さ5mに亘って表示されている。 三十石船に接近する“くらわんか船”の浮世絵が飾ってあり当時の様子が解ります。

Photo Photo_2

Photo_3

河川敷の公園を見、さらに牧野ゴルフ場横の長―い直線路を小鳥の鳴き声をききながら歩く。 幸い雨は降っても小雨で歩くのには殆ど支障が無い。

予定より早く12時に京阪樟葉駅に到着し昼食場所を探すも見つからず、前の京阪モールの一階ホールにあるベンチを見つけ昼食。

これからは樟葉の市街地横断して途中、公園で湯を沸かしコーヒーを飲む予定が雨で出来ず、このような歩きでは異例の喫茶店で旨いコーヒーを楽しむ。

松花堂公園は霧雨の中、風情ある庭を見る。

日本でも有数の珍しい竹が植えられています。

3年前にも紹介したSugaさんの下記ホームページに竹の詳しい情報が載っています。 ご覧下さい。 Sugaさんは87歳と高齢ながらPCとネットを使いこなす御元気な方です。

http://homepage2.nifty.com/H-Suga/take01.html

Photo_4 Photo_5

Photo_7

さて庭園内に女郎花塚があります。

そして庭園から出て男山に向かう道は松花堂の裏を通リますが、女郎花塚が有る丁度裏側に、このような名前のマンションがありビックリしました。

せめてひらがなかカタカナで“おみなえしマンション”ですよね!

本日最後で最も厳しい登り!そして男山ほぼ山頂の岩清水八幡に参詣。

下って、計画には入れて居なかった飛行神社に参詣して京阪八幡へ。

Photo_8 Photo_9

駅前のアサヒ屋で反省会。 オヤジさんと3年振りの再会。

今回も行程は約16km。 しかし前回と違い雨で気温が低くおかげで快適な歩きが出来ました。

| | Comments (3)

« October 2008 | Main | December 2008 »