« 有馬―最高峰―岡本ハイク | Main | 金剛、丸滝谷そして“たんじり” »

September 13, 2008

21th

私の知人の英国人から指摘されたが、日本人の英語能力はどうなっているんだと?

大阪を代表するなんとか協会や大学が21世紀の事を英語で “21th” と表示していると言うのである。 それで21thをネット検索するとかなり出てきます。

中にはHPのアドレスに使って居る所も。

友人は某官庁にも忠告すると、そこはそっと直したようです。 当然ながら彼には感謝の言葉も無く。

多分、20世紀=20th から引き続き 21世紀=21th,なんの疑問もなく使っていたのでしょうか。

21th、22th、23th、24th、24世紀になって漸く正しい英語になるよ。

序数ですから 21st にならなければ英語では無いのです。

20th,  21st,  22nd,  23rd,  24th.

|

« 有馬―最高峰―岡本ハイク | Main | 金剛、丸滝谷そして“たんじり” »

コラム」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
21th なんの違和感も感じませんでしたが、
なるほどですね。
21st ですよね~、でも22ndの頃は この世にいないと思いますが、その頃の日本人の英語力は格段と向上している事でしょうね。

Posted by: zucca | September 14, 2008 08:57 PM

zuccaさん
私はその英国人と週一度、和文英訳分を私が専門語、彼がネーティヴ英語チェックをしています。
主語の探索や、a,やthe,単数、複数、の話をしていると日本人の書く日本語がおかしく見えて来ます。
いや、オカシイのです。

Posted by: shima | September 14, 2008 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 有馬―最高峰―岡本ハイク | Main | 金剛、丸滝谷そして“たんじり” »