« カマキリ ベイビー | Main | ゴーヤの風 »

August 10, 2008

成ヶ島

8月2日にマイスターの野外講座で成ヶ島に行って来ました。

淡路島の洲本から少し南に下がると由良の集落があり渡船に乗り2-3分で成ヶ島に到着です。

ここはに、成ヶ島、友ヶ島、の間に友ヶ島水道が有り大阪湾が太平洋に面して一番狭い場所です。 そして大阪湾の海流等に依って大量のゴミが成ヶ島に漂着し、そのゴミは

地元のボランティア、小中学生達がゴミ拾いをして処理しています。

そのゴミの発生源の殆どは大阪府、兵庫県等で、時に台風等の後には兵庫県山奥のゴルフ場のボールも漂着しているようです。

一口で言うと大阪湾岸の住民が出したゴミがここに漂着してゴミの発生には何も関係無い地元の人たちがゴミ拾いをするシステムが出来ています。

考えさせられますね。

なぜゴミ拾いをするかと言うと、この島は無人島の為、珍しい動植物の棲息している為です。

今回、講師の先生と地元ボランティアの人たちの説明で、それら動植物の一部を見る事ができました。 また、海亀が産卵する浜辺も歩きました。

ハクセンシオマネキを初めて見る事が出来、写真も撮れました。

放って置けば、これ等の動植物がゴミで覆われてしまうのです。

私は何が出来るのか?

Photo Photo_2

|

« カマキリ ベイビー | Main | ゴーヤの風 »

自然」カテゴリの記事

Comments

shimaさん、わたしもご無沙汰いたしております。

この漂着ごみの話、隣国と日本の話に共通しますね。
驚くほどのごみの量が、日本海沿岸や九州に流れ着くとの
こと。
海にごみを捨ててはならないという法律がある日本国でも
こうなのですから、
その法律がない国からの漂着ごみは然りですね。
関係のないわが国がせっせとごみ片づけをしています^^;
「飛行機で送り返せ~」なんてわたしは内心叫んでおるのです(笑)
ポルトは冷夏のこの夏、日本は猛暑の連続のようですね。
どうぞお体に気をつけてご活躍ください。

Posted by: spacesis | August 15, 2008 12:56 AM

spacesisさん
講師の先生が、カナダのバンクーバーの博物館か、へ行くと日本から漂着したゴミが入り口に展示されているそうです。  多分、カナダのゴミもどこかの海岸に漂着しているのでしょうね。
ゴミは世界を回り海を汚しているのです。

えー!、ポルトは冷夏ですか。

Posted by: shima | August 15, 2008 05:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カマキリ ベイビー | Main | ゴーヤの風 »