« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

June 25, 2008

ウイークエンド ギャラリー 夢宇(Muu)

23日は甲斐小泉付近を案内してもらいました。

この付近には小さい美術館やギャラリーが多数あるようです。

最初は“三分の一湧水”つまり昔からの水争いを避けるべく工夫した分配枡。

26代に渡り水元としてここを守ってきた家が有ったのです。

Photo_6 Roshia_2                     Photo_7                    Photo_8

ウイークエンドギャラリー夢宇は、はっきりとこの場所を調べて来ないと到達できそうも無い場所。

妹はすでに2回ほど来ているようだ。

内容は陶器、漆器、布、民芸品、そしてこの八ヶ岳一帯の陶芸作家達の作品もあるようです。

欲しくて手が出そうな物もあるのですが不用品が満杯の我が家は決断して整理しないとどの様に良い作品でも置く場所がありません。

だから私が見たMuuは、作品そのものよりも、自然と一体化された展示場所です。 今までにこのように感銘を受けた事が無かったのです。

先ずは入り口手前の“宮川”という小さな渓流とそれを覆うモミジ。 紅葉の時期の見事さが想像できます。

Photo_9 Photo_10

多分3軒ほどの建物を一つに結んでいるのでその廊下の雰囲気が良いです。

この日は喫茶の営業が休みで、それが幸いして私一人でこの喫茶室に留まる時間ができました。

Photo_11 Photo_12             Photo_13             Photo_14

 

いつかまた必ず来て見たい場所が増えました。

その雰囲気を写真で感じてもらえますか?

でも実際にMuuを見て下さい!

住所:山梨県北巨摩郡大泉村夢宇谷 電話:0551-38-0061

              Photo_15             Photo_16             Photo_17

Rouka_1

 

| | Comments (3)

姪の結婚

6月22日、小淵沢の某リゾートで行われる姪の結婚式に出席の為、21日に

バスで梅田から出発。

上諏訪駅に約40分遅れで到着。 携帯の都合の良い事は短いメールで進行状況を知らせ出迎えの弟の待ち時間を無駄にしなくて良い事です。

弟の家には長野の兄夫婦はすでに到着しており、お茶を頂き小淵沢のリソートへ。

ここのシステムはホテルや旅館とは全く違いとまどう。 部屋にある全体図を見ても何が何処にあるかどうにも理解し難い。 冊子を見ても何処そこで行われるイベント案内ばっかり。

それでも明朝の朝食場所は解かったからOKっと。

翌朝、窓から覗くと右手に甲斐駒の大きな山塊が見える。

結婚式はリゾートの庭にある小さなチャペル。

妹に聞いても式がどのように行われるか知らないと。

Photo

やがて牧師が出てきて、ようやくキリスト教式に行われることがわかった。

問題はその牧師の顔と雰囲気が何かで見た喜劇役者的でクスグッタイのです。

今日、結婚する姪は恥ずかしがり屋で、小さい頃はいつも妹(母親)の後ろに回り、話もあまり出来なかった。 その姪が4歳としうえで活発な姉より先に結婚するので、よかったなーと感傷的に浸るのであろうと思っていたが牧師のお陰で助かった。 式が終わると貝型の後ろが巻き上がりグリーンの芝と池が広がる。

丁度雨も上がった!

良いカップルが誕生しました。

面倒な集合写真のあと、ショッピングストリートを通って披露宴会場へ。

Photo_2 Photo_3

40人位(この位が丁度良いですね)の半数以上が若者で華やかな宴会。

Photo_4 Photo_5

22日の夜は弟の計らいで同じリゾート内部のショッピングストリートの2階にあるロフト風な部屋に宿泊。

| | Comments (0)

June 16, 2008

カラス戦争

家のビワを狙うカラスを防ぐ為にPPテープで防御ネットを作っていた。

そろそろカラスが来るだろうと思いつつ、67日の土曜日、マイスターの屋外観察で箕面の森に来ていた。 その留守にカラスの集団が襲って来て、女房がビワの取り入れと枝払いをした。

日曜日の朝にその惨状を見た。

    ビワの木の下は一面、落下ビワの跡。

    6m道路を隔てた隣家の前にも、その上の電線にとまったカラスが落としたビワの果実跡。

    近所の車駐車所から駐車中の車の屋根にビワが落とされたとクレーム。

    一見で、それだけ。 目に見えない隣近所にどれだけ迷惑掛けたか。

この為、「今からカラスには一粒のビワもやらない」決心をして、まだ色の付いていない物、小さな物、全てのビワを除去した。 その数、多分2000個!

枝を一緒に切り落としたから来年の花芽も切った。 だから来年のビワは望めない。

一日掛かりで作業を終えた。

ビワの木は1/3程の大きさになりました。

枝を小片に切り刻み、葉を纏めて出来た大きなビニル袋20個。

翌日朝の一般ゴミ回収時に、一度にこれだけ出されては困るといわれたが、袋の中のビワもカラスが狙っているから頼む、とお願いしてなんとか回収してもらいました。

カラスに比べたらそれまで大食漢と見ていたヒヨドリも可愛く見える。

当然カラスにはカラスの理由があるのですが、多少の自然を勉強した者として、どの様に理解し対処すべきか解からない。

カラスに対する怒りを沈められないのです。

ドイツの友人、ベーンドに送ると約束したビワジャムが出来ない!

| | Comments (6)

June 14, 2008

まだ紫陽花

今を盛りと美を競っています。

雨の後はより鮮やかに見えます。

Kyoen_800 Aka_800             Ao_800

| | Comments (2)

June 09, 2008

相国寺

この寺の事は妹に聞くまでしらなかった。

雨の為か観光客が少なく御蔭で法堂の天井に書かれている蟠龍を見、案内人が示した場所で手を打つとその音が反響してその場所にのみ跳ね返ってくる。 それを体験出来た。

この寺の開山塔には開山夢窓国師を安置しているという。

相国寺には昔、若冲の絵が有ったのですが今は一枚も残って居ないのだそうです。

方丈の回廊にあった象の絵がユーモラス。

裏方丈庭園は細長く落ち着いており、ここも時間が有ればゆっくり座って見たい場所。

京都には私が知らないお寺がまだ沢山あるようで、かえりのタクシー運転手が相国寺の南、すぐ近くに矢張り紫式部ゆかりの小さな寺があると言う。

ネットで調べると盧山寺という。  ここは紫式部の曽祖父が建て彼女は結婚してもこの家を使い晩年まで作家生活をしていたという。  

7月後半には庭に桔梗の花が咲く。

このような訳で62日は紫式部デーとなりました。

Soukokuji                 Photo                  Soukoku_teien

| | Comments (7)

June 06, 2008

源氏物語 相国寺承天閣美術館編

山口伊太郎氏の源氏物語錦織絵巻が相国寺承天閣美術館で展示されていた。

実は、午前中の石山寺から一度ホテルの戻り荷物を持って雨の京都駅へ。

荷物を預け、妹がどうしても京都の寺を見たいと言うので女房が園通寺へ行こうとタクシーに乗った。 しかし、園通寺は比叡山の借景が有っての庭であるのに今日は見えないから価値は半分以下。

で、結局妹が昨日行きたかった相国寺へ急遽変更。

相国寺の横に承天閣美術館があり、そこで故山口伊太郎氏の源氏物語絵巻が展示されていたのである。

Shoutenkaku

出来上がったばかりの四巻現物で非常に色鮮やかに出来上がっている。

私が特に注目したのは「鈴虫」の、公達が笛を吹くその欄干に黒の菱文の“うすぎぬ”が掛けてある。 その“うすぎぬ”が凄い織り方をしているのです。

風通織(ふうつうおり)と言うそうです。

良く観察しました。 

下に配置された黒の経糸を引き上げ、黒の横糸でウスギヌを浮かして織っているようです。

そしてそのウスギヌの下には織られた欄干が透けて見えます。

二重織というか袋織の方法でしょうね。 自分で一度試織してみたいと思いました。不鮮明な絵ですが私が言っている所を図示しました。

Suzumushi

作者の山口伊太郎さんは明治37年(1904年)生まれで、70歳の時に隆能源氏の絵巻を錦織で制作する事に挑戦し、昨年、完成目前に105歳で亡くなり、弟さんが引き継いで完成させた物です。

第一巻と二巻はルーブルの東洋美術専門のギメ美術館にすでに寄贈されたそうです。

基本的にギメは作者生存の作品は収蔵しないが例外的な取り扱い。 

西陣は昔、リヨンからジャガード織機を導入して更に発展したが、そのフランスから芸術文化勲章をもらっています。

さて、毎度の事であるが日本での評価はどうなるの? この錦織の為に山口氏がそれまでの全人生で体得した織技術、その周辺技術、を駆使し更に錦織絵巻製織中に新たに開発した技術、技法、更に源氏絵巻を超越した織柄の迫力、を、そしてその美術性を適切に評価出来る人がいるのだろうか? 

少なくともフランスには、居たのです。

6-7年前に仕事でリヨンに立ち寄った時に織物博物館を見学したが、リヨンでも織物は衰退しているが昔の織機や織物が丁寧に保管展示されていましたね。

一度、皆さんも是非、山口さんの精神がこもった源氏錦織の素晴らしさを御覧の程を!

| | Comments (6)

June 05, 2008

源氏物語 石山寺編

信州から披露宴に来た兄妹達への労いを兼ねて61日の夕方に大津のホテルに宿泊した。

2日は昼から雨の予想で、午前中は石山寺に絞って行った。

世の中の多くの男達と同様に私も源氏物語を読む程の興味が無い。 でも、その文化的、歴史的に非常に重要な物と理解しているつもりです。

石山寺も千年記の記念行事を行って居るが例えば夢回廊と称して普段入場出来ない場所で特別展示会場となっている。 が、目玉の展示品が目下貸し出され留守中とか、で、ここには入らない。

多宝塔から右手に上がった高台に月見亭があり確かにあそこから見る琵琶湖と月の組み合わせから話の構想が立ち上がりそうな場所に思える。

Ishiyama_tahou                Ishiyama_hondo                  Genjino_ma                 Photo                  Photo_2

豊浄殿の特別展では、紫式部自筆といわれる写経、そして彼女が使った硯を展示しており興味深く見た。

石山寺といわれるだけ有りちょっとした小山で皆さん疲れた様子。

それで普段は公開されて居ない公風園で和菓子と抹茶を啜る。

この古風な庭にはなんとなく抹茶が合いますね。

Kofuen Photo_3

| | Comments (2)

June 04, 2008

紫陽花の季節

何時の間にか家の3方向に紫陽花が咲きだしています。

ちょっと紫陽花屋敷!

肥料のせいか昨年と比べ全体に赤色かかってきました。

目を楽しませてくれます。

雨の日も。

ビワの実も色が濃くなってきました。

Photo                Photo_2                  Photo_3                  Photo_4                  

Photo_5

| | Comments (2)

June 03, 2008

披露宴

61日は娘の披露宴が大阪で開かれました。

天気が良く幸いでした。

会場の締め切っていたカーテンが一斉に開かれ、強烈な太陽の光線を背に新郎新婦が庭のテラスから登場して出席者はサプライズ!

花嫁の父はフランスでの坦々と進んだ結婚式同様にここでも感情の高ぶりが無く、涙も出ませんでした。

普段は結構涙脆いのにこんなものだろうか?

不思議な心境です。

Photo

| | Comments (0)

ホワイトアスパラガス

少し時間が遅れましたが424日にホワイトアスパラガスを食べました。

ハメルンの旧市街地の八百屋で売ってたホワイトアスパラガスを女房がどうしても欲しいと500グラム購入した。

昔、オランダで教えてもらったやりかたで茹で、生ハムと茹でジャガイモで食べた。

ハメルンで食べた物とほぼ同じ状態と味が再現できました。

ベーンドに写真を送って旨かったと言うと、“通常はアスパラを採ったその日に料理すべき物と言われているので4日過ぎた物が旨く食べれたとは新発見”と喜んでいた。

White_aspara

| | Comments (2)

« May 2008 | Main | July 2008 »