« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 18, 2008

雪の貴船

雪の貴船

2月17日は、雪は予想されていたが鞍馬電鉄の貴船口駅を出発すると、直ぐに舗装の上に薄く積もった雪に足が定かでない。

Kibune_1

Kibune_okusha_2

奥宮で一休みして、更に車道を詰め登山口へ。

登山口に入った途端に、雪の量やルートを見てこれは本格的な雪山山行に近い状況である事を認識。

途中でアイゼンを装着して登る。

通常は二の瀬から貴船に向かうのであるが、リーダーは今日の積雪下での情況を考え逆コースにしたのだが正解である。 滝谷峠までの川沿いの登りはきつくこの雪量で此処を下るのはイヤだね。

Yukiyama_1 Yukiyama_2

しかもこの日は私達のグループが最初だからある程度のラッセルと雪に隠れたトレースを見つける必要があります。

体が鈍っている私にはかなりキツイ登りでしたが、忘れかけていた雪山の魅力がまた新鮮に生き返ってきました。

Yukiyama_3

| | Comments (4)

February 12, 2008

大阪も雪

2月9日は鶴見緑地で現講座生の進路説明会があり朝から出席。

途中から雪が降り出した!

帰る頃、13時頃、益々降る中を、重たいPCの入ったザックを背負い自転車に乗り、更に片手に傘を開いて漕ぎ出した。

Feet_marks_800 Snow_way_800

仲間と昼食を摂る為に京橋にゆく。

自宅と方向が違うので止める事も出来たが途中から意地が出てついに京橋にいった。

道路に積もった雪は厚さ約5-6cm、下部は融けて水。

へたに足をつくと靴の中に水が浸入する。

    この状態でハンドルを確り確保して真っ直ぐ漕ぐと自転車は滑らない!

    ブレーキをかけても滑らない!

    だから普段の70%位のスピードで行ける!

    注意は、曲がる時に急な角度で曲がらない事。

    停止時のブレーキはユックリと。

しかし神経が張るから結構疲れました。

私が自転車に乗ってる状態はだいたいスケッチのような状態でした。

Yuki_jitensha

| | Comments (6)

February 10, 2008

岩橋善兵衛さん

2月2日に善兵衛ランドを訪問するまでは全くしらなかった膳兵衛さんが、いかに優れた人であるか僅かであるが感じる講座であった。

Zenbei

江戸時代、1793年に現貝塚市に生まれた膳兵衛さんはオランダから輸入された望遠鏡等を参考に自分でレンズを磨き精度の高い望遠鏡を作成し1793年には京都で天体観測会を催している。 また1801年、平天儀をつくる。

Heitengi

これは写真のように五層の円盤でつくられ世界地図、日、月、星の運行、四季の変化や潮位等の独創的な平天儀と呼ばれる早見盤をつくった。

彼の望遠鏡は日本最初ではないが、天体観測出来る精度のある望遠鏡で、さらに自分の観察した天体の動きを取り入れた平天儀を見ると、既に地球、月、と太陽系、銀河系や星座の動きの計算が出来ておりその凄さがつたわる。

伊能忠敬が全国の測量時に使う望遠鏡も提供している。

貝塚市は善兵衛ランドと言う名の天体観測と善平衛の望遠鏡や天平儀等を展示する場所を運営している。

当時の日本人が持っていた知識欲の高まりが高度な精度の望遠鏡を必要とした事がわかる。

Photo

| | Comments (0)

February 05, 2008

焚き火

皆さんは最近、落ち葉の焚き火を見た事がありますか?

去年の11月末、能勢に行った時、ある神社の庭で出合った風景。

神社の人が落ち葉をかき集めて焚き火をしていたのです。

子供の頃を思い出しますね。

焚き火の匂いもいいにおい。

火の燃え方が嬉しい。

煙まで懐かしい。

火の色もいい。

飽きません。

焚火です。Takibi_800

| | Comments (2)

« January 2008 | Main | March 2008 »