« サギ乱舞 | Main | 失敗したデジカメ選定 »

September 09, 2007

さよならサンヨー

8年前、そもそも私がデジカメを使い出したのがサンヨー。

画素数が130万。 単3タイプの充電式ニッケル水素電池で駆動。

このころはまだ使い道が解らずフィルムカメラとの併用が多かった。 次は画素数を多くしたく320万の画素数のサンヨーのカメラを買った。

この頃からフィルムカメラを殆ど使わなくなった。しかしこのカメラは2005年、8月、実習で行った長松海岸で私と一緒に海に落ち終わった。

直ぐに購入したのは中古でやはりサンヨー。 500万画素。

これは旨く活用できた。  授業で先生が使うスライドの写真を撮り、顕微鏡の画像を捉え、動画も利用出来た、私のブログには必要不可欠な道具であった。だがここ2ヵ月程前から撮影モードで横線が走る様になりその頻度が多くなり、ついにサンヨーに持ち込み修理見積もりを依頼。

そしてレンズユニットの交換が必要で24,000円程必要。

まあサンヨーに限らず最近のデジカメは何処のメーカーも多分、分解修理等コストのかかる事はせず不具合の症状を見て、この場合はこのユニット交換、と言うようにマニュアル化しているのだろう。

デジカメ業界では隠然とした力を持っているサンヨーであるが、エンジニアとしての私はそのような対応に疑問を持つ。

だから今回はこれで、さよならサンヨー

でも基本的に私はサンヨーが好き(まだ)なので、もし新しいデジカメ作る時は必ずファインダーを組み込んでもらえば、又、合います!

|

« サギ乱舞 | Main | 失敗したデジカメ選定 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« サギ乱舞 | Main | 失敗したデジカメ選定 »