« 昇るサギリ | Main | 津波の凄さ »

August 05, 2007

大阪歴史ウォーク

昨日(4日)、熱い中、JR森之宮駅を午後1時過ぎに総勢16名で出発して先ずは難波宮へ。

大化の改新645年それまでの首都飛鳥からここ難波に遷都し多分本格的な建築で造られた大極殿の基壇を復元してあります。(ネットで借りた写真です。)

01_p3_2 01_p5_2

難波宮は奈良や京都の都より古いのです。

大阪城の大手門前を通り、天満の永田昆布店前の“八軒屋船着場跡”と御祓筋にある熊野街道の始点を見る。Hakenya_640_2

 その一つ西の座間神社行宮にある熊野本宮までの九十九王子、その第一王子といわれる“窪津王子”も見る。

昔、京の都人は、伏見港から30石船にのって八軒屋につき、窪津王子で旅の無事を祈願したのだろう。

そして今回のハイライト、適塾へ。

幕末の雰囲気をそのまま残す適塾は、そんなに大きくは無く、展示物も多いとは言えないが中に入っただけで雰囲気に包まれる空間。

このように質素な木造2階建ての塾からはやがて来る維新の人材を多数輩出しています。

Tekijyuku_640_2 Koan_640_2

教育とは勉強したいという情熱を持った人達が洪庵先生のような人に巡りあって火がつき明治の日本という国の基礎作りに携わる人材が出来る。

金や設備の問題では無く、勉強する情熱と良い先生がおれば良い教育が出来るのだろうなーと思う。 そういう事を感じさせる場所です。

となりの愛玉幼稚園は夏休みで門が閉じていたが、明治の木造建築を未だに使っている一番古い幼稚園のようです。

Aijyu_pano_2

梅新南東角の地下にある大阪で最初のビアホールが当クラブの夏祭り会場です。 飲み参加だけの人も加わり総勢20人が貸し切りの部屋で盛り上がりました。 当然ながら大量の汗を出した後の生ビールは、、言葉不要。

このような状態で飲むと何処で飲んでも同じ状態になりますね。

Beerhouse_3_cont_640_2

ただ、昨年と雰囲気が変わっている。 昨年あったステージが無い!

世話役のTさんが5時15分で予約していたが中ノ島から電話で、到着が早くなると連絡してあるのに、入り口のフロントで“準備しているから少し待て”と、意味の無い待ち時間を作られた。

敷居が高くなり従業員が普通になり(前はもっと親密感があった)本来の良い所が見えなくなった。

Yukoさんが居た頃のあの雰囲気は最早夢の中なんです

|

« 昇るサギリ | Main | 津波の凄さ »

山、ハイキング等」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

Comments

shima様。適塾の洪庵先生の像は素晴らしいですね。
古木も貫録たっぷり、幕末の情景を偲ばせます。
 民家そのままの幼稚園の写真に驚きました。大阪
にはこのような歴史の名残りが健在なんですもの。
 熊野御幸の一番王子、ここで旅の無事を祈願したの
ですね。神坂次朗氏の『熊野御幸』(新潮社刊)で
熊野詣での行程を読み、古人の辛苦を知りましたが、
今の旅さえ困難ですもの、信仰の力って凄いと思います。

Posted by: nekozizou | August 13, 2007 at 09:40 AM

nekozizouさん
適塾は何回訪れても良い所です。
雰囲気に浸れます。
大阪には歴史由来の場所や建造物がずいぶんあります。
これから熊野街道をたどるハイキングを考えます。

Posted by: shima | August 13, 2007 at 03:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 昇るサギリ | Main | 津波の凄さ »