« 三尾山―パート2 | Main | 若桜氷ノ山 »

May 09, 2007

自然と歴史

この写真に写っている風景は天正7年(1579年)と殆ど変わらないと思う。

この年、この写真の平地には光秀の丹波攻めの兵隊で満ち溢れやがて、その8月に黒井の赤井氏および八上の波多野氏共滅ぼされる。

勝者光秀も信長も3年後にはこの世にいない。

Godai_800

欲望や名誉、騙し、騙され、歴史が作られ移ってゆく。

自然にとってはそんな人間の歴史等どうでも良い事。

その証拠に、ほら、430年過ぎても景色は変わらないよ。

|

« 三尾山―パート2 | Main | 若桜氷ノ山 »

歴史」カテゴリの記事

Comments

400年以上も前に ここで重たい鎧・甲冑を身に着けた武士たちが戦っていたのですね。

今は のどかな風景ですね。

Posted by: zucca | May 15, 2007 at 08:30 PM

zuccaさん
そうなんです。
持ちろん、ココだけでは有りません。
でもココは私が自分で歩いた地域なので愛着があるのです。

Posted by: shima | May 16, 2007 at 01:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三尾山―パート2 | Main | 若桜氷ノ山 »