« 層雲峡へ | Main | 熊のハンモック »

March 21, 2007

西陣織会館

西陣織会館

318日はクラブ織のメンバーと西陣織会館へ行った。

一時期繊維に関係していた私だが、今回始めて訪れる。

西陣はすでに過去のブランド、あまり期待せずに入館しました。

1時からのチャレンジ講座を申し込み、みやげ物店を歩いていると、講師の先生がこれから講座をやります。 と、私達だけのグループを連れて

     各種、大小の手機(てばた)と実演操作している女性に説明をさせる。  

     懐かしい7-8個の繭を茹でて絹糸を取り出し糸巻きに巻き上げる装置や座繰り。

Hatamusubi Seikei Yagasuri Zaguri

 

     経糸の仕掛け調整で矢絣の柄を出すラック。

* ビロード用織機、一越毎に針金を入れ後に針金で膨れた部分を切りビロードとする行程は全くの手作業で最早、この作業をする職人さんは居なくなった、との事。

*最後は幻の竹筬作りの職人さんと真剣な話が出来た。

この人は京都で竹筬を作る最後の職人さんである。

竹は3-4年の真竹で一年間ほど養生して割り、竹の皮の部分を削り出す。

カットした竹皮を締具で締めて曲がりを取る。

竹を焼いて歪みを抜き角を取る。

そして漸く筬の形に糸で結んで組上げる。

私達は既存の金属筬ではなく竹筬を手作りしたいから皆で真剣に聞いた。

非常に難しい行程ではあるが、なんとか出来るのでは無いかと思う。

Osa

*更に講師の先生には着物地や帯地の新作発表会を案内して頂き説明いただいた。 ここでは新しい色やデザイン、技術での新作。

私達の為に2時間半の時間を頂いた講師の先生は或る全国団体の会長を務めた方でした。

何回も“手機で自分だけしか織れないオリジナルを作って”下さいと示唆してくれた。

講座の間、周りには多くの若い女性達が熱心に手機や展示品を見詰めており、また子供たちが小型の手機で織体験を始めた。

今日、私は新しい西陣の力と発展の息吹きを感じました。

一階の入り口の吹き抜け舞台で着物ショーが開かれていた。

周りは外国人の観光客が7-8割か。

見る人達の熱気が伝わる。  

真剣な、熱のこもった視線で若いお嬢さんが着物で歩く姿を見つめる。

本当に収穫の多い一日でした。

Sembou

|

« 層雲峡へ | Main | 熊のハンモック »

文化・芸術」カテゴリの記事

クラブ織」カテゴリの記事

Comments

西陣織! 素晴しいですね♪

着物がもっと定着して欲しいなぁ~
なーんて、帯結びが難しくて 気合入れないと
着られないのでは ありますが…

日本人に生まれたからには、着物をさらっと
着こなせる人になりたいというのが今の願いです。
きっと、こんな風に思っている人 多いはず!!

Posted by: なを | March 22, 2007 07:36 PM

なをさん
着物には日本人の美が結集しているのだと思います。
日本人自身がその良さをもっと認識すべきと思います。
現実はそれを支える職人達がいなくなりつつありますから
本当に必要になった時には既に再現もできなくなるんですね。
着物を着こなした女性を見るとこれは絶対に維持発展しなくては。

Posted by: shima | March 25, 2007 11:48 PM

西陣織会館 近くは何度も通りかかったと思うのですが、中に入ってみればよかった~。
面白そうですね、織りの体験もさせてくれるのですね。

shimaさん、頑張って「手作り竹筬」完成させてくださいね。

着物は私も大好きです。
一応 着付けは習ったのですが、和服はここ何年も着ていません。
たまに 和服でお出かけも気分が変わってよいですよね。
帯結びは私も大変です。お太鼓の部分だけ分かれてるのありますよね、いっそのことあれにしちゃおうかと思ったり・・・でも帯がもったいなくてそれも出来ません。

Posted by: zucca | March 27, 2007 04:45 PM

zuccaさん
あの着物ショーを見ている殆どが観光客、外国人で、その人達が
真剣に見つめている姿は新鮮に感じました。
日本人が思って居る以上に外国人は着物の価値が解かっているのではないかと思います。
着物姿は良いですね。
zuccaさんも是非ご愛用を。
竹筬はなんとか出来ると思います。

Posted by: shima | March 28, 2007 09:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西陣織会館:

« 層雲峡へ | Main | 熊のハンモック »