« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

March 31, 2007

熊のハンモック

熊のハンモック

324日、京都の夜久野町にある居母山に登る。

雨中の歩きである。

山頂付近で、一緒の仲間があれは熊のハンモックだと説明。

熊が床をつくりこの上で休み、食べる場所だそうだ。

写真の物は幅約1メーター。

雨の中の不思議な光景であった。

Kumano

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 21, 2007

西陣織会館

西陣織会館

318日はクラブ織のメンバーと西陣織会館へ行った。

一時期繊維に関係していた私だが、今回始めて訪れる。

西陣はすでに過去のブランド、あまり期待せずに入館しました。

1時からのチャレンジ講座を申し込み、みやげ物店を歩いていると、講師の先生がこれから講座をやります。 と、私達だけのグループを連れて

     各種、大小の手機(てばた)と実演操作している女性に説明をさせる。  

     懐かしい7-8個の繭を茹でて絹糸を取り出し糸巻きに巻き上げる装置や座繰り。

Hatamusubi Seikei Yagasuri Zaguri

 

     経糸の仕掛け調整で矢絣の柄を出すラック。

* ビロード用織機、一越毎に針金を入れ後に針金で膨れた部分を切りビロードとする行程は全くの手作業で最早、この作業をする職人さんは居なくなった、との事。

*最後は幻の竹筬作りの職人さんと真剣な話が出来た。

この人は京都で竹筬を作る最後の職人さんである。

竹は3-4年の真竹で一年間ほど養生して割り、竹の皮の部分を削り出す。

カットした竹皮を締具で締めて曲がりを取る。

竹を焼いて歪みを抜き角を取る。

そして漸く筬の形に糸で結んで組上げる。

私達は既存の金属筬ではなく竹筬を手作りしたいから皆で真剣に聞いた。

非常に難しい行程ではあるが、なんとか出来るのでは無いかと思う。

Osa

*更に講師の先生には着物地や帯地の新作発表会を案内して頂き説明いただいた。 ここでは新しい色やデザイン、技術での新作。

私達の為に2時間半の時間を頂いた講師の先生は或る全国団体の会長を務めた方でした。

何回も“手機で自分だけしか織れないオリジナルを作って”下さいと示唆してくれた。

講座の間、周りには多くの若い女性達が熱心に手機や展示品を見詰めており、また子供たちが小型の手機で織体験を始めた。

今日、私は新しい西陣の力と発展の息吹きを感じました。

一階の入り口の吹き抜け舞台で着物ショーが開かれていた。

周りは外国人の観光客が7-8割か。

見る人達の熱気が伝わる。  

真剣な、熱のこもった視線で若いお嬢さんが着物で歩く姿を見つめる。

本当に収穫の多い一日でした。

Sembou

| | Comments (4) | TrackBack (0)

層雲峡へ

312日午後の網走から層雲峡への道は時々吹雪。

途中で北海道キツネ村と言うキツネを放し飼いしている場所で休憩をとる。

キツネは何種類かおり人に慣らされて餌を与えられ太っており野性の精悍さが無い。

かわそうですね。

この稲荷に祭られたキツネの剥製は異様ですね。

Fox Inari

層雲峡のホテルに着いて夕食後、ホテルに近いのだが氷瀑祭りの会場へシャットルバスで向かう。

渓谷を吹き上げる猛烈な強風が雪を巻き上げ地吹雪となって襲ってくる。

風上に背を向けてしか歩けない。

多少雪山の経験のある私も一瞬怯む程の強風と地吹雪、台湾からきた人達は恐かったろうな。 一緒に行った人達の中にも地吹雪に恐れをなして行かなかった人達もいる。

魚網に水を吹き付け凍らせて出来た氷の造形物が照明で浮かび出されている。

この祭りはボランタリーで実行しているようで100円を入り口で寄付する。

この人間が自然の力を借りて作った造形物と自然の牙のような地吹雪の組み合わせに私は魅せられた。

Hyoubaki_1 Hyoubaki_2 Hyoubaki_3 Coins

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2007

流氷はるか

摩周湖を出てバスは一路網走へ。

オホーツク海沿いに出たバスは西を目指し右背後に知床半島が雲の合間に見える。

とこが2-3日前から気候が急変し強風で流氷が沖に流され網走到着時は流氷無し!

今回のツアーの目玉がダメになってしまった。

残念。

Ryuhyo_nashi

で、網走番外地は?

網走の市内を走り左手に永専寺がありその門が旧網走監獄の正門で番外地から移設したと言う。  そして今度は右側に現網走監獄が見える。 入獄者が多く現在は約1000名というがなんと新たに新築が始まっていた。

“はるーかーー、はるか彼方はオホーツクー、、”

網走番外地の歌が頭の中に響く。

Bangaichi_gate Abashiri_now

砕氷船に乗れなかったので流氷博物館を見学。

流氷は何故出来るか、の説明で黒竜江の淡水がオホーツク海の海水の上に乗り二重構造で流氷が出来る。

Closed_sea

流氷のかけらを持ち帰り水割りを飲もうと話していたが岸に打ち上げられた氷は汚く止めた。 そして上記の説明を聞くと確か黒竜江上流で中国の化学工場が炎上したおり大量のケミカル、名前は忘れたが劇薬系が黒竜江に流れ込んだからそれが流氷に入っているとも知れぬ。

ここで初めてクリオネの泳ぐ姿を見たので動画を。

「yousei_3.wmv」をダウンロード

| | Comments (2) | TrackBack (0)

摩周湖

312日、ホテル出発は7時半。

845分頃に摩周湖に到着。

不安定な天気にも拘わらず摩周湖全体がくっきりと見える!

翌日旭川でJR特急に乗って隣の女性と話したが彼女は

“摩周湖の全体を若い女性は見ると婚期が遅れる”と言われています。

ヘー。

摩周湖はその全体を現すのは稀なようですから幸運でした。

それで苦労して6枚の写真を並べて摩周湖全周のパノラマをつくって見ました。

画質は落ちますが全体の雰囲気を見て頂ければ幸いです。

Mashu_total

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 17, 2007

旭山動物園

(順序が阿寒と入れ違ってしまいました)

3月11日、380kmの行程が始まった。

ほぼ中間点の旭川で動物園見学。 

非常に人気だから朝からバスが続々到着する。  9時半開園が9時20分となる。

従来であれば絶対にこんな対応はしないだろう。

この動物園は見学者の状況を見て柔軟に対応している。

先ずはアザラシの回遊を見る。 見事に円柱を通り抜けて伸び伸びと泳ぐ姿は素晴らしい。

アムールトラの精悍な姿を小さな窓を通して接近して見える、この仕掛けが重要だと思いますね。 もっと身近に見たいと言う希望に答えた故の人気。

Amure_tra_1 Amure_tra_2

 

この動物園を見るとキーは見る人の気持ちと動物の気持ちを両立させている事。 

裏返せば今までの動物園は、見る人の希望や動物の気持ちを考えて居なかったと言う事。

もう一つは、係員が各所に配置され簡単な説明で気安く答えてくれる。

11時30分過ぎにペンギン館の水中トンネルを通ったがペンギンの泳ぐ姿は全く見えず、係員に何故と聞いた。

“どのような理由か未だに解明されていないが、11時頃から13時頃までの2時間、ペンギンたちは水から上がってしまう。 大型のキングペンギンも小型のイワトビペンギンも関係無く、この2時間は毎日泳がない”

古い建物を改造し全体としては古色が目立つが見学者はそんな事を全く問題視しておらず、この動物園の展示、運営方法を堪能している。 建物よりも中身の価値を訪問者は確りと見ているのだと感じた。

アザラシのムービーを添付しました。

「azarashi_asshuku.wmv」をダウンロード

| | Comments (4) | TrackBack (0)

阿寒

3月11日の夜は阿寒湖畔に宿泊。

会食後、ホテルから坂を下って湖畔の花火を見に行く。

しかし当夜マイナス7度Cで道は完全に凍ってツルツル。 靴に簡易の滑り止めを付けて歩く。

湖上を歩いて会場に。

Akanko_minus_7_deg_1

花火はあまり大きくないが澄み切った空に開くと色が綺麗です。

かえりに木彫りの土産店に立ち寄った。 特に何を買う予定もなかったが飾ってあったコロポックルの木彫に眼が止まり気にいってしまい手頃な値段で購入。

ふと見ると木の額に“南方熊楠”と彫りこんである。

主人に聞くと、南方の偉大さを知り大のお気に入りで話が合う。

彼はこの阿寒で南方を知っているのは私くらいかな、と。

南方談義をして別れた。Korobokkuru

| | Comments (2) | TrackBack (0)

旅 北海道

3月10日

関空発、千歳空港着でこの日は札幌のビアホールでジンギスカンと蟹食べ放題。

Ikkai_rest Tabohoudai

3月11日

ホテルを7時出発で旭川動物園を見学して層雲峡経由阿寒湖までバス走行距離約380km。 夜、阿寒湖の花火大会。

途中で野生のオオジロワシとエゾシカを車窓から撮影。

Ohjirowashi Ezoshika

3月12日

7時出発で摩周湖経由で網走へ。 残念ながら流氷は無く砕氷船には乗れず。

宿は層雲峡で夕食後に地吹雪の氷瀑祭り。 この日のバス走行距離約300km。

3月13日

7時ホテル出発するも高速道路は吹雪で閉鎖。 旭川でJRの特急に飛び乗り千歳空港へ。

H社の企画で一人39,000円!

参加者の9割はシニア世代。 それでいてこの移動距離にも拘わらず全員元気で回れた。

H社の企画はこれで3回目。

何れもバス移動が多い。

なぜ参加するか?

私は日本人。 短期間に色々見たい。 温泉に入りたい。 旨い物食べたい。 安く行きたい。

ウーンと。 ほぼ同じルートを台湾の観光客大勢と一緒に移動していた。 

日本人だけでは無いのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2007

ある別れ

約20年、一緒に働いて来た彼が亡くなった。 丁度、鳥取へ行くバスの中で聞いた。

25日、大阪へ帰着後、家で着替えて通夜に参加。

20数年程前に私の仕事で採用した人が1ヶ月で辞めてしまい、丁度来ていた専門新聞のエディターに彼を紹介してもらい即、面接採用となった。

人当たりが良く、面倒見も良く、英語も問題無い。

顧客付き合いも良い。

しかし暫くするとビジネスマンとして成長するために必要なある要素が非常に弱い事が解った。

ある時、担当のオランダ人がそれに気付き私に相談に来た。

彼の良い面はお互い充分評価しているから気をつけて弱点をカバーし教育して強化するよにしようと、そのオランダ人と合意した。

残念ながら弱点は変わらなかった。

しかし通夜、葬式で多くの顧客や仕事仲間に会い思い出話をした。

皆、彼の表の面を評価していた。  

だから結局彼は世間には良いヤツだったのだ。

私の役目も結果的に成功したのかなー。

多分、本人は幸いな人生を送れたのだな、と思い、弔った。 合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2007

砂丘縦断

2年前、ホームページを活動ベースとしている若い山の会で鳥取砂丘を縦断した。

東端の駟馳山の麓から波打ち際を歩き続けて、千代川の河口から鳥取大橋、市街地を通り、鳥取空港をバイパスして再度海岸の波打ち際を歩いて白兎海岸まで16km、バイパス分を入れると多分20kmを歩き通した。

今回、砂丘のテッペンから縦断ルートを見渡す事が出来、パノラマ写真を作ってみた。Line

あの頃、若いリーダーの下にユニークな企画で活動していた会は、今、蜃気楼のように実体が無くなってしまった。

若さ故か?

リーダーが言っていたように“青空の下に何時か何処かでまた合う”のだろうか?

作って、壊して、又作る、のかな。青空の友よ!

カテゴリー”山、ハイキング”のMay 04,2005、鳥取砂丘に前回の砂丘縦断が載っています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 08, 2007

鳥取砂丘

何回も訪れているが案内人が付いた今回は良く見た。

*この砂丘の砂は中国山地の智頭あたりから千代川で運ばれ海岸に打ち上げられた物。

この砂丘の中に川がある。

    砂層の下に粘土層がありそこに溜まった水が砂地に滲み出し川となって、再び砂に吸い込まれる。

Genryu Kawa_shuutenn

    風紋は風上がなだらかで風下が急傾斜している。

    風速が10m以上になると風紋の風上が急傾斜となる。

Kaze_zoukei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町営国民宿舎

24日は鹿野町にあるこの町営国民宿舎、山紫苑に宿泊。

町営国民宿舎?

山紫苑のロビーに入りロビーから外に広がる庭を見た時に思い出した。

Shukusha

4年前に、船上山、勝田ヶ山、甲ヶ山、矢筈ヶ山と縦走した居り、前後をテント泊の為、大阪への帰路、この山紫苑の露天風呂に入って汗を落とした。

勝田、甲、矢筈と繋ぐ従走路は思いがけず険しく、しかし景色が良く又来たい山の一つと記憶した。 矢筈ヶ山から下ると大休峠を経て下山したが、そのまま縦走を続けると大山に至る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザトウムシ

2月24,25日はマイスターコースの自主企画で鳥取に行った。

24日は鳥取大学の鶴崎教授からザトウムシの講座を聞きました。

ザトウムシ?  身の廻りには居るようですが私もその存在は全く知らず見た記憶も無い。

ザトウムシの研究者は日本にはあまり居ないようですから、この鶴崎先生の講座は日本最先端の内容なのです!

一見、クモに似ています。

Zatoumushi_1 Zatoumushi_3 Hoshokusha

先生がザトウムシの調査を進めるとこの鳥取の千代川(センダイガワ)を挟み東西でザトウムシの遺伝子分布が異なる事が判明し、また鳥取県の高津川、日野川、千代川の三川に

ニホンシカ、ニホンザルや植物等で日本の分布を二分するような大きな遺伝子ギャップのある場所でもあるようです。

鳥取は中国山地と日本海の間に細長く拡がっています。そこの川や谷は殆ど南北に走るから生物の東西の移動が限られていたようです。

鳥取はそんな場所なのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2007

空気と水の科学

空気と水は私達の周りに普通に存在していますが、では風は何故吹くのか?

何故水は氷になるなか?

返事にこまります。

そのことを先生は簡単にペットボトルとポンプや先生手つくりの装置を使った実験で目の前で見せてくれる。

ペットボトルに小さなポンプで圧力を上げると中の温度は測温シートで約23度Cとなり、蓋を開けて常圧に戻すと20度Cになる。

大学を退任された先生はこのような簡単な道具や手作り装置で子供や一般の人に空気と水の事を伝えて行きたいという事です。

手作りの装置での水玉のダンスを静止画と動画で御覧下さい。

Mizuno_dance_800

円形に張られたメッシュの上にスポイトで水滴を落とすとメッシュ上に到達する前にメッシュの下から吹き上げる空気流の上で水玉となり水の表面張力と空気流でうまくバランスが取れるとダンスが始まる。

水玉がぶつかり大きな水玉になったり破裂分裂して吹き飛ばされます。

写真の水玉は5-7mm程度の大きさ。

「Mizutama.avi」をダウンロード

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »