« 瀬戸臨海実験所 ベニクラゲ | Main | 45分 »

September 01, 2006

南方熊楠

南方熊楠

826日は京大水族館の上にある、記念館、そして27日は

田辺市の顕彰館を見学した。

記念館は1965年に開館し幼年期から晩年記までの活動、交友関係の写真や資料を解かりやすく展示しており、生きている粘菌の細胞をビデオ展示していた。

とにかく、彼の並み外れた行動力、国際性、博学、特異性、等、展示を通じて伝わって来る。  

彼の業績は世界的に認められ、偉大な存在であったにも拘わらず日本では異端扱いされる。

いまだに続く日本人の日本人けなし、に翻弄された熊楠の一生でした。

27日には田辺市の顕彰館を訪問。

田辺湾の弧の中に二つの南方が在る不思議。

しかしこの顕彰館には驚いた。 横に在るのは熊楠が晩年に暮らした家なのだ!

彼の御長女が2000年に亡くなり田辺市に寄贈され、基本はそのままに、外装を残っていた写真を参考に再現したそうで、例えばアルミサッシュを取り外し木製窓枠に入れ替える。 だから出来るだけの原型を再現しているようです。

私が意気込んで“熊楠が発見したミナカテラ・ロンギフィラと言う粘菌が付いていた柿木はまだあるのですか?” “ハイ、有りますよ”の声に南方邸に飛んで行き柿のきを探すと看板が出ている。 意外と細い柿木だ。

生活の場や書斎、倉庫等を見て、改めて南方の存在を近くに感じた。

Nenkin

Kakinoki Kumazusu_tei Ima Shosai

もう10数年前に“南方曼荼羅”という本を購入したが、未だに読みきれない難解な本で、唯一つ、“縁”と“縁起”という言葉の独特な解釈は良く理解出来た。

ここで、彼と私の、運命的(?)な繋がりを発見した。(私が勝手に思って居る事です)

昨日、今日と心に響く出会いであった。

     今年の107日から1126日、上野の国立科学博物館で“南方熊楠”展が開かれます。  是非、熊楠を見て下さい。

|

« 瀬戸臨海実験所 ベニクラゲ | Main | 45分 »

自然」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

Comments

紀州といえば熊楠さん。忍者のような科学者
というような先入主でした。shimaさんの
写真で初めて庭や家の佇まいを拝見しました。
感動しました。古き良き時代が偲ばれます。
居間と書斎には博識の研究者の暮らしぶりが
そのまま残っていて、ファンになりました。
秋の上野の熊楠展を楽しみに待ちましょう。

Posted by: nekozizou | September 01, 2006 03:22 PM

nekozizouさん
私も熊楠が死ぬまで棲んでいた家を見る事が出来て感激し、いっそう身近に感じました。
是非、上野で熊楠に合って下さい。

Posted by: shima | September 01, 2006 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南方熊楠:

« 瀬戸臨海実験所 ベニクラゲ | Main | 45分 »