« 中山 | Main | 織物工場見学 »

August 08, 2006

熱暑

熱暑

宝塚からバスで「座頭谷」で下車し、私有地を横切り谷へ下る。

昔は蓬莱峡へは良く冬山トレーニングや岩登りの練習に来ていたが、もともと崩れ安い場所だから当然の事ながら今は山容が変っている。

昔、「隠し砦の三悪人」などのロケが行われた奇景である。

Houraikyou Iwaba

蓬莱谷を詰めて向こう側の船坂へゆくのが今日の目的。

帰宅して分かったが今日は枚方でなんと気温が38度C! こんな中、谷を詰める。

しかし古い突堤を越した先で立ちふさがる崖には取り付けない。

結局撤退し女性を含む4人が引き返しバスで船坂へ行く事になり、残りの3人で別ルートをアタックする事になった。

Tani_tsume

途中までは目印の赤布があり、その後“行き止まり”の札がある。

かまわず前進したが突堤を落ちる水を見ながらこれを越す為に登り口を捜すも無し。 

横に高巻きできそうな岩場があるが、ザイル等持っていないから、これを登って更に同様な場所があると前進出来ず、後退も出来ない情況になりかねない。結局諦めざるを得ない。 そして残念無念の撤退。

座頭谷のバス停に戻り10分程で船坂に着き、小公園で農園主が冷やしていてくれた大きなスイカを割り食べる。 冷えて旨い。 ソーメンを食べる。

普段は率先して動く私の体が動かない。 頭がぼやけている。 熱中症の症状だそうで暫く横になり、濡れタオルを頭にかけられ、冷えたボトルを顔の前後に付け、うちわで扇いでもらった。

多分、谷の中で前進を二度とも阻止され、その無念さが体を弱くしたのかも知れない。

同じグループのベテランが、六甲のいまの時期、熱中症になるのはわかっているからハイクは参加せずに直接、小公園に来たと話していた。

いままで、あまり意識していなかったが、やはり年齢的に考えないといけない時期に来たのであろうか。

|

« 中山 | Main | 織物工場見学 »

山、ハイキング等」カテゴリの記事

Comments

無事ご帰還おめでとう。
ご老体は少し早いですが、暑い時期は其れなりのご用心なされたし。

Posted by: yamanoko.kei | August 08, 2006 10:04 PM

keiさん
有難う。
最近年齢を感じる出来事多発。
用心しますよ。

Posted by: shima | August 10, 2006 08:44 PM

shima様。撤退のご判断は確かでしたね。スイカ
とそうめんで一息つかれたあと、熱中症の発症で
したの?「用心します」のお言葉をしかと受け止め
ましょう。どうぞ、山行きではご無理なさらない
様にお願いします。

Posted by: nekozizou | August 11, 2006 01:54 PM

nekozizouさん
最近は少し慎重になりますね。
自分の体は自分が一番良く知っていると思っていたのですが。

Posted by: shima | August 13, 2006 08:00 AM

20数年前、私もピッケルとアイゼンでこの蓬莱峡でトレーニングしたことがよみがえってきました。あのざくざくっとした感触とともに。帰りに軽トラックの荷台に乗せてもらったこともありました。

Posted by: とんぼのめがね | August 21, 2006 12:42 PM

とんぼのめがねさん
現状を見れば20数年まえと比べ全く違う形状になっていると思います。
今から思えば、当時は当然と思って受けたアイゼン、ピッケルのトレーニングは正に自然破壊をしていたのですね。

Posted by: shima | August 22, 2006 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱暑:

« 中山 | Main | 織物工場見学 »