« 痛風 | Main | 熱暑 »

August 03, 2006

中山

通風で気が滅入っていたが、7月30日、思い切って中山へ出かける。

山の会の仲間が計画していたのであるが、前もっての連絡は入れない。

家から集合地である阪急の「清荒神(きよしこうじん)」駅まで痛みの度合いが解らないし

自分の足の状態を電話で話す気もしない。

とに角「清荒神」駅の集合地点までほぼ問題なし。

そして私の足の状態を話しガマン出来なければグループと分かれ一人で帰る事を告げる。

と、仲間の中に通風の先輩がいた。 話を聞くと少し気が楽になった。

阪急の「清荒神」駅から荒神の参道を登る。

狭い道の両側には縁日のように店が立ち並ぶ。

山道に上ってもなんとか付いて行ける。

山の精気を呼吸すると痛さを忘れる。

そうか、私の体はこの十年で体質がすっかり変ったのだ。

山の空気を吸うと、ここ4-5日、通風で滅入っていた気持ちが持ち直す。

痛さをおそれて家にいてはいけないのだ。

中山山頂は478.2mで高い山では無い。

でも高さは関係無く、山の精気が私の体を癒してくれた。

帰りは中山寺に降り、更に熱暑のなかを2-30分歩いて「宝の湯」に入浴。

これで通風に対する対抗心が出来た。

|

« 痛風 | Main | 熱暑 »

山、ハイキング等」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

Comments

shima様
やはり痛みに襲われて落ち込んでいられたのですね
痛風は親指の付け根の痛さに我慢できなくなると
聞いています。それでも、ちゃんと中山山頂まで
行かれるとは・・・。登山で鍛えられたお身体だから
土踏みしめて、山の空気吸うと元気の基を取り戻す
力がつくのでしょうか? ご様子が解り、少しは安堵
しましたが、症状が長引くともいわれます。どうぞ
お大事になさいませ。ゼラチン質の食べ物をお控え
くださるようにして!

Posted by: nekozizou | August 04, 2006 01:21 PM

shimaさま
通風でいらしたのですか…
大変ですね。
詩人の清水哲男さまも通風。
でも、ビールしかお飲みにならない…いいのかなぁ?
タバコもたっくさん吸われるけれど、いいお声♪

って、何を申し上げたいのか分からなくなりましたけれど、
どうぞ呉々もお大切に!!!

通風なんかに負けないでくださいませ。

Posted by: なを | August 04, 2006 09:57 PM

nekozizouさん
有難う!
私は山へ行き、自然の中に入れば体が癒される体質になっているようです。
痛風には、かならず対処します。

Posted by: shima | August 05, 2006 09:31 AM

なをさん
ビールは一杯限定。 タバコも控えめ。
もっと山へ行き、とに角体を動かして痛風に打ち勝とうと思っています。

Posted by: shima | August 05, 2006 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中山:

« 痛風 | Main | 熱暑 »