« 熱暑の農園 | Main | 鯉 »

August 15, 2006

農園の主

注意幼虫の写真につき嫌いな人は写真をクリックしないで下さい!

六甲農園では野菜の芽が出た当初に多少の薬品を使用しているが、後は一切農薬を使用していない。

だから、友人が農園に居ない大部分の時間、真の主は各種幼虫や鳥、場合によっては獣である。

一番数が多く厄介なのは虫の幼虫ですね。

御覧下さい。 昔は見るのもいやであった幼虫や蛹を観察して写真に撮りブログに掲載する。 私も変わりました。

残念ながらこれらの幼虫、蛹が何になるのか解かりません。

大きいやつ(長さ12cm位)は、ネットで調べて多分アゲハの一種だと思いますが確信出来ません。

どなたか教えて下さい。

Catepillar Pupal Droppings

|

« 熱暑の農園 | Main | 鯉 »

自然」カテゴリの記事

Comments

この日(15日)、日中の暑さは相当なものでしたが、夕刻の垂水は涼風が。
y子サンが燈籠を自作持参、参加者全部で一言書き添え送る事が出来ました。

周りの兼ね合いで、線香花火は点ける事が出来ず、残念でしたが。

こうして今年の盆送りは終りました。

Posted by: yamanoko.kei | August 16, 2006 06:32 PM

keiさん
燈籠流しをしたんですね。
良いお盆だったのでしょう。

Posted by: shima | August 17, 2006 07:24 PM

いつもコメントをいただいてありがとうございます。六甲農園ということは神戸で農園をなさっているのですね。私は京都の人間ですが、暑いですね。六甲は少しは地上にり涼しいのでしようね。

Posted by: 凡人 | August 17, 2006 08:02 PM

主さんが、会社まで野菜持って来て下さいました。私は、ながーいオクラとごつごつしたゴーヤを戴きました。こう暑いと、沖縄特産(?)のゴーヤが食べたくなるのは自然の摂理だと思います。

Posted by: yamanoko.kei | August 17, 2006 09:26 PM

凡人さん
コメント有難う御在ます。
六甲農園とは私が勝手に名付けた友人の農園です。 東六甲縦走路の船坂峠から北に下った所にあります。 そこで、もう野菜作りの名人に達した友人が通っている貸し農園です。
彼が丹精込めて作った減農薬野菜は非常に美味しいです。
今は早朝の涼しい時間帯に行っての作業が多いようです。 

Posted by: shima | August 19, 2006 04:47 PM

keiさん
おそわったゴーヤの食べ方:
ゴーヤを切って茹で、冷蔵庫で保管し食べる時に
カツオ等をまぶして食べるのが美味しいですよ。

Posted by: shima | August 19, 2006 04:51 PM

shimaさま
もしかしたら、もうご存知のサイトかもしれませんが、
こちらで教えてもらえるかも…です。
以前、私もここの園長先生に教えていただきました。

 http://www.insects.jp/

『昆虫エクスプローラ』といいます。
「昆虫ブログ」に飛んで、教えてください 
ということで お答えをいただきました。

よろしかったら、お試しください。
もの凄く色んな変わった昆虫も見ることが出来て
妙に感動しました♪

Posted by: なを | August 28, 2006 08:10 AM

なをさん
教えて戴き有難う!
早速「昆虫エクスプローラー」を尋ねてみます。
昆虫は種類が多く面白いですね。

Posted by: shima | August 28, 2006 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 農園の主:

« 熱暑の農園 | Main | 鯉 »