« 訂正 | Main | 晴れ六甲 »

May 22, 2006

マイスターコース

この3月で講座生を修了して進学したマイスターコースは4月末に開講し最初の講義は植物観察である。 

5月10日の「陸上植物の進化と性表現」はいかに分類するかを説明してもらったが中々難しい。 写真のように形状等を数値化してグラフを作りグループ化して個体群を決めて行くようだ。 なんと言うか意外と簡単な方法で行っていると言う印象。 DNAでの分類はまだ始まったばかりのようです。 しかしどの様に分類するのかはこの日の講座では全く不明。

Kotaigun

20日は大阪教育大学のキャンパスの実験室で20倍実態顕微鏡を使いイネ科の植物の観察を行った。 イネ科の植物はあまりにも身近にあるのであまり説明書がないそうです。

先ずスケッチをした(予想していなかったので鉛筆を持ち合わせずボールペンでのスケッチとなる) 

Karasumugi_sketch

そして実態顕微鏡を使って観察。

サンプルのカラスムギはまだ開花まで至っておらず、その辺りの形状が見えなかった。

顕微鏡の覗き口にデジカメを当てて撮影してみた。

カラスムギの花序上部と内頴内部の写真です。

Karasumugi_1 Karasumugi_2

|

« 訂正 | Main | 晴れ六甲 »

自然」カテゴリの記事

Comments

自然大学はもう終わりかと思っていました。
けど上級コースへ進まれたのですね。
よく理解できるかどうか分りませんが、これからもレポート読ませていただきます。

Posted by: zucca | May 23, 2006 09:02 PM

zuccaさん
そうです。  上級コースです。
この自然大学の記事は一応私なりに理解出来て
面白い物を記事にしようと思います。
宜しく。

Posted by: shima | May 24, 2006 08:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイスターコース:

« 訂正 | Main | 晴れ六甲 »