« 日展 | Main | 江田島、ヤマトの旅 その2 »

April 03, 2006

江田島、ヤマトの旅 その1

誘われた時、自然大学のグループとのスケジュールで一部重複するがなんとか折り合いが付くようにして、行く事にした。

それは江田島にどうしても行きたかったからだ。

それでもリーダーである女性が苦労して作ったスケジュールは見事。

1.JR大阪駅41日午前零時15分発のムーンライト松山と言う快速に青春切符で乗車。 この列車は非常に人気があるので発売とほぼ同時に全て指定席の座席は一杯になってしまう。 松山到着は同日午前7時45分。

Shikokusanmyaku Matsuyama_off

  

2.いそいでタクシーに分乗して観光港へ行き

3.午前815分発の呉行きに乗船。この船中で朝食、私はさぬきうどんを頼んで食べる。

4.さて、呉港には10時10分着で、次の江田島小用(こよう)行きの船は10時15分発。

Koyo

5.20分で小用に付くと直ぐにバスに乗車して自衛隊へ。

江田島については別稿を書きます。

6.昼食後、自衛隊発13:10のバスで小用へ。

7.江田島の小用を13:38発の船で13:58に呉着。

Seto_view

8.JR呉を14:16発で三原に16:01着。

9.JR三原を16:13発で尾道に16:29着。

Ushokun_sakurachan

10.尾道16:50頃発のバスで因島の土生に17:30頃着で

11.宿の車で、いんのしまロッジへ到着。

上記項目は今日乗った交通機関で一日で計11回も乗ったのです。

初めて計画書をもらった時、まさか、16人のグループでこんなスケジュールが出来るはずが無いと思ったのですが、なんと全てが計画通りの時間で進みました。

この宿は国民宿舎で建物は古いが多分民間委託で営業している従業員たちは一生懸命お客をもてなして、その古さをカバーしようとしているのだろうか。 

このロッジは山の頂上に在るので建物のどちら側の部屋に入っても景色は抜群。

残念なのはホテルの廻りは桜がイッパイなのにまだ開花に一週間はかかる。 入浴後、一階のレストランで夕食。

そして、私の部屋に集まり2次会。  江田島の影響か軍歌を皆で歌う。

乗り物の影響で頭の中がグルグル廻り、酒が更に加速し、、、

     ミステリー

江田島から出発したフェリーが半ば位のところで私の携帯が鳴った。

「こちらは広報ですが今日はこられましたか?」 つまり自衛隊の広報から私達が訪問したのか確認の電話である。 勿論行って見学し、今フェリーで帰る所と言った。

どうしてもわからぬ。 申し込み者名と今日ゲートで記入した代表者名が同じで16名が入門したのに、広報は確認出来ない? 頼りないねー広報さん。

|

« 日展 | Main | 江田島、ヤマトの旅 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江田島、ヤマトの旅 その1:

« 日展 | Main | 江田島、ヤマトの旅 その2 »