« コウノトリ | Main | 酔ってます »

March 08, 2006

竹田城跡

3月5日、竹田城跡を訪問。

昔は城あとの事を城址(じょうし)と呼んでいたがここでは城跡(じょうせき)と言うようです。

数年前にここと対峙する朝来山の中腹から見た雲海に浮かぶ竹田城跡を見て、その

魅力にとらわれた。 以来2回訪問し今回は3回目である。

1443年(嘉吉3年)に山名氏領土の出石の出城として土塀で固めた山城ができた。

現在写真に見える石組みの城は1580年前後に作られたようです。

本丸を中心に南北に翼のように城郭がせり出している。

その後、戦には使われず、1600年、大火に見舞われ城は焼失して以後、廃城となる。

角川映画の”天と地と”で春日山城を模して石垣の上に城のセットを作ったそうです。

この城跡の真下にJR竹田駅(姫路駅から播但線)があり、そこから登山口があるのでアクセスが良く桜の時期は輝く事でしょう。

takeda_j1 takeda_j2

|

« コウノトリ | Main | 酔ってます »

歴史」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

Comments

石組みの城あと、眺めがいいですね。(^^♪お城ですから眺めが良くないと危ないのかな?
石組みも綺麗に組まれていて、特異な景観となっていますね。興味引かれる場所です。

Posted by: zucca | March 11, 2006 at 08:30 PM

zuccaさん
あの石組みは”穴太(あのう)積み”と言うそうです。 穴太は大津市坂本町に住む穴太衆と言う人々の持つ技法だそうで、現在もその技法を受け継いでいる人達がいるそうです。
眺めはいいですね。 3方向からの接近は見通しできます。

Posted by: shima | March 12, 2006 at 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コウノトリ | Main | 酔ってます »