« ノート破損 | Main | 星に願いを »

February 19, 2006

昆陽池

昆陽池

奈良時代の僧、行基によって741年に築かれた灌漑用ため池で、今の

伊丹市

の中心地にあります。

ここで2月18日は野鳥観察をおこなった。

池を廻って後、参加者が今日観察できた野鳥の名前を発表すると合わせて23種。

先生の話しでは現在居る個体数は1月と比べかなり減っているそうです。 既に渡りに旅たって行ったのです。

ガンカモ科の野鳥が賑やかに寄ってくる。

77_640 hashibiro kinkuro

ガンや鴨を近くで此れだけ多くをじっくりと見た事がなく、その色の綺麗さには吃驚する。

白鳥も近くに寄ってくるがこれは野鳥ではなくペットの分類。

伊丹空港がそんなに遠くは無いのに、小さな昆陽池にこれだけの野鳥が集まるのは周辺の人達が野鳥に対して愛情を持っているのだなーと思う。

|

« ノート破損 | Main | 星に願いを »

自然」カテゴリの記事

Comments

こちらは穏やかな鳥たちの風景ですね。野鳥の羽の色は とても見事ですよね。センスがいいと 言ったら可笑しいですが、配色の妙にいつも感心します。
白鳥はペットの部類とは またひとつ勉強になりました。

Posted by: zucca | February 19, 2006 04:14 PM

zuccaさん
野鳥としての白鳥は居ると思います。
ここの白鳥は飼育(餌を与えられて)されて居り人間に対し警戒感が全く有りません。
だからペットです。

Posted by: shima | February 19, 2006 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ノート破損 | Main | 星に願いを »