« “隣の2+2” | Main | ハイム展 »

January 05, 2006

おせち 06

我が家の正月は、おせちが並ぶ。

女房が暮れの30,31日で仕上げた100%手作りで毎年似たような取り合わせである。

この、”似たような取り合わせ”が大事で女房は子供達(成人)に伝えたいと思っているようです。

osechi_06

|

« “隣の2+2” | Main | ハイム展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

御節はかわり映えがしないのが伝統ですわ

孫子の代まで伝えて行く事が良いですね!

Posted by: oyassan | January 08, 2006 07:28 AM

oyassan
その通りですが、やる気があるかどうか?
子供達が自分で作りたいと思った時には
親が居ずーって事にならなければ良いが。

Posted by: shima | January 08, 2006 11:52 PM

shimaさま
松は取れましたが、改めまして
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

お節料理 毎年毎年同じで飽きたりしますが
やっぱりなくてはならないもの・・・・
みたいな気がします。
昨年の暮に母が左手首を骨折しましたので
今年のお節は、私ひとりで作りました。
(大したものは出来ませんでしたが)
量が少なくていいものは、デパ地下で…

松が取れて、9日に町内の「どんど焼き」が
済んで、ようやく日常生活が戻りつつあります。
今日から句会が続きます。
今年も頑張らなくちゃ! なのです。

shimaさまも、どうぞご活躍くださいませ。
期待しています♪

Posted by: なを | January 14, 2006 07:48 AM

NAWO San
NAWO San, Kotoshimo yoroshiku onegishimasu. "Ichinichi ikku" ha zehi keizokushitekudasai.
Sakujits Nao sanno pe-jiwomimashitaga okashikattadesune.
Kochirade internet wo miruto gamenha nihonto
onajidesu.
Demo message ha Nihongo ga tsukaemasen.

Posted by: shima | January 14, 2006 07:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« “隣の2+2” | Main | ハイム展 »