« 木を切る | Main | 御覧ください! »

November 02, 2005

水都ルネッサンス

11月30日、自然大学が参加したこの船運を主体の催しに参加し、水質試験のスタンドに配属された。

ここでは琵琶湖の北湖、寝屋川、大川、道頓堀川(何れも淀川水域)から採取された水を使って、水温、にごり、色、におい、PH,電気伝導率、CODの試験を行う。

約30分で夫々のテスト方法とその説明を教わりビジターに説明する。

ここでも子供達が目を輝かして説明を聞いてくれた。

mizushiken

このスタンドを指導してくれた方は、このスタンドの意義を、一般の人達に川を汚さないような意識を持ってもらえば幸いと語っていた。

一番ビックリした事は、試験管の大型なガラス管(ガラスの透明度が大事で一本がなんと5000円もする)、臭いを嗅ぐ為の蓋着きガラス瓶、PHメーター、電導メーター、夫々の水を入れるビーカーやプラスチックポット、等全て自分の物だそうで、しかもこれを大型の紙袋に入れて堺から電車に乗ってここまで手で運んで来たという。

ボランタリーとは言え、このように努力して、一般の人々にいかに水を大切にしなくてはいけないかを、丁寧に解かり易く話している姿は本当に素晴らしい。

今後自分が何をするのかはまだ決まっていないが、はたして自分がこの方のレベルまで出来るのか? 非常に感動を受け、又、自分の非力さも痛感した一日であった。

|

« 木を切る | Main | 御覧ください! »

自然」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.