« 六甲トレ | Main | 私市(きさいち) »

August 08, 2005

幽霊の足跡 パート2

幽霊の足跡パート2

4月29日に幽霊の足跡を書きました。

そして87日、愈々本物の足跡を見に行きました。

カンカン照りの中、大日から歩いて来迎寺へ行くと丁度、施餓鬼会を行っており、一見近所の中高年を主体に大勢の信徒さんが施餓鬼会に来られていた。

raigouji

その中で受付の人に“幽霊の足跡”を見に来たのですが、と言うと一人の初老の男性を紹介して戴き、429日のパンフレットとほぼ同じ説明をしてくれた。

ただ、その人は昔、この寺はかなり大きく威勢が良かったので江戸に出張して宣伝をした。

多分其の時に小網町の大工の妻、お石が来迎寺を知り、幽霊となって迷って居る時に、この来迎寺を思い出し江戸からここまで来たのであろう。(幽霊の歩く速度はどの位かなー)

足跡をよーく見た。 足の大きさは約20cm位で小さいがしかし思いもかけずにはっきりと布団のカバー(平織地)に映っている。 足の全指の形がくっきりと映っているのである。

写真を撮りたかったが丁重に断られた。

とに角本物の足跡を見る事が出来てよかった。 本当に幽霊の足跡か、あるいはこの話の真偽を確かめるつもりは毛頭無い。

|

« 六甲トレ | Main | 私市(きさいち) »

コラム」カテゴリの記事

Comments

shima様 ご覧になった幽霊の足跡、奇想天外ですが、本当のことでしょう。不思議な現象
は今も起こっていますから。私は12歳の頃、
真夜中に県道(堤)の地面すれすれを転んで
行くヒトダマをみました。大きなオレンジ色を
した塊りでした。誰にも言わず、急いで旅して
いるタマシイだと信じています。

Posted by: nekozizou | August 09, 2005 01:23 PM

shimaさん、
いよいよご対面の日がやってきましたね。
わたくしも幽霊の足、どんななのか興味ありました。

>足の全指の形がくっきりと映っている・・・。
幽霊にも体重があるのでしょうか。

今夜 うちのほうへ来られても困るので、お石さんの話はこの辺で。
写真撮らせて頂けなかったのが残念でしたね。

Posted by: zucca | August 09, 2005 04:43 PM

nekozizouさん
”急いで旅しているタマシイ”って面白い表現ですね。
お石さんも急いで江戸から浪速に旅をしたのかも知れませんね。
私はあの足跡が本物かどうかは問題ではありません。 それを律儀に護って今まで伝えて来た事に興味があります。

Posted by: shima | August 09, 2005 10:11 PM

zuccaさん
足跡は色が抜けて居るのです。 染色の技法で抜染と言うのがありますが、この場合、足跡の場所を水や染料を撥く物(蝋を使うとロウケツ染め)でカバーして染めると足跡が白抜きになります。そんな感じですね。 
でも、お石さんは霊力で染料を抜いたのでくっきりと映っているのです!
写真は残念でしたが、その方が良かったと思います。

Posted by: shima | August 09, 2005 10:20 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幽霊の足跡 パート2:

« 六甲トレ | Main | 私市(きさいち) »