« 現代美術作家パート2 | Main | 織りシステム »

August 24, 2005

長松海岸

大阪府の南端、みさき町の“長松自然海浜保全地区”も大阪湾では最後の自然海岸の一つである。 この長松海岸は以前、ゴミでかなり汚れていたがボランタリーグループ等の活動で今は綺麗に維持されている。

ここの磯は干潮時に海水がかなり後退(最高潮位差約2m)するので、多様な生物を観察できる。

20日は約40人が磯で生物を採集して、魚、貝類、ヒトデ、蟹、海藻等かなり大量の生物を採集(終了後、全部海へ戻した)し、先生が同定説明を行った。 特に興味を引いたのは、蛸のように長い足を動かし動き回るクモヒトデ、ヤツデヒトデ(通常ヒトデは5本の足を持つが、これは八本足で、二体に自己分裂して増えてゆくそうだ)、海綿(昔、家では海綿を良く使っていた)等。 海綿は動物だそうです。

デジカメが海に!

黄色の海綿を採集したらその中に2cm位のゲジゲジ状の生物が居り先生にそれを見せ何か聞こうと思った。 そのゲジゲジ状が動き回るので逃げないように海綿を回しながら岩礁から次の岩礁へ渡ろうとした時に転んだ! 一瞬、首から下が海に浸かる。

皆さんの前で転んでしまい、これで2年間フルに使ったデジカメはその活動を停止した。

この写真が遺作です。isaku isaku2

|

« 現代美術作家パート2 | Main | 織りシステム »

自然」カテゴリの記事

Comments

shimaさん、こんばんは~。ココフラッシュフォトから参りました。のどかな広々した景色ですね。

デジカメが海に!

ワ~大変。カメラは残念でした、お悔やみ申し上げます。
shimaさんにお怪我はありませんでしたか?

Posted by: zucca | August 24, 2005 08:10 PM

zuccaさん
皆さんの前でこのザマ。 隠し様がありませんので、ページに公開してしまいました。
怪我は擦り傷が肘と足に少々。
それより転んでしまった事の精神的な落ち込みの方が大きかったですね。
ココフラッシュフォトから来たと言う事は!
私も行って見ます。
ちょっと見難いのですが左の写真のほぼ真ん中に関空があります!

Posted by: shima | August 24, 2005 11:53 PM

zuccaさん
左ではなく右の写真のほぼ真ん中が関空です。
すみません。

Posted by: shima | August 24, 2005 11:55 PM

関空、なんとなく分かります。右写真の水平線の真ん中に 白っぽい建物群が見えます。飛行機の離発着もよく見えたのでしょうね。都会の近くの海岸線は埋め立てられてしまう事が多いですが、ここは自然の海岸線が残っていて素晴らしいことです。

shimaさんのお怪我も軽かったようで何よりでした。落ち込まないで。体力の過信を教えてくれたのかもしれません。警鐘かも。(言いすぎかな、失礼お許しください。)
あるとき突然、体力に自信をなくす瞬間があります。こんなはずではないのに・・・。自分の健康や体力 昔のままと思っているのに、そうじゃないんだと気づく瞬間が・・・。私も鍛えなくては。

Posted by: zucca | August 25, 2005 01:49 PM

美しい磯の写真ですね。長松海岸、大阪湾
の最後の自然の姿ですか。
 shima様が大きなお怪我でなく済んで、ほんとうによかった。デジカメ、潮に漬かったら
再起不能でしょうか。とにかくお大事に!

Posted by: nekozizou | August 25, 2005 03:22 PM

デジカメはやはりオシャカに成ってしまった様子。乾燥剤での処理も駄目でしたか。惜しいことをしました。しかし物は考え様です。骨折で痛い目に遭って高価な医者代を払う代わりに新しいデジカメを調達するきっかけが出来たと。慰めている積もりですがーーお大事に!!

Posted by: 自然星 | August 25, 2005 07:29 PM

zuccaさん
観難い写真ですみません。
自然の磯と人工物の塊である関空を対比したかったのです。 我がデジカメの遺作としては良かったなーと思います。
なぜ転倒したかと考えました。
1.二つの動作を同時に行った事。
2.後で思い出したんですが通常私は殆ど登山靴を履いて行動します。 所が同日は沢登り用のフェルト底で踝の出て居るやつで、どうも足に安定感が無いと思っていましたが、登山靴の場合は踝を覆い左右のブレを止めています。 私の足は登山靴用になっていました。

Posted by: shima | August 26, 2005 08:26 AM

nekozizouさん
海水はダメなのです。 メーカー保証も買った店の保証も水に浸かった場合は保証対象外です。
ですから修理に出すと高額で、新品を買った方が良い事のようです。

Posted by: shima | August 26, 2005 08:30 AM

自然星さん
特に海水の場合は乾燥しても塩分が残りますね。

ウーン、そう言う事ですね。
私の目は次のデジカメに向かっています。

Posted by: shima | August 26, 2005 08:34 AM

長松海岸に一緒に行けなくて残念・・・
ボランティアの方々のお陰で綺麗な海岸になって、磯の生物も安心でしょうね。
デジカメはご愁傷さまでした。
いつわが身に降りかかるか?気をつけます。

Posted by: hime | August 29, 2005 10:27 AM

himeさん、
コメント有難う。
この磯も私は気に入ってます。そしてこの自然の磯から眺める超人工の関空の対比は面白い物です。
デジカメねー。 残念!!

Posted by: shima | August 30, 2005 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長松海岸:

« 現代美術作家パート2 | Main | 織りシステム »