« 幽霊の足跡 パート2 | Main | 淀川は今3 »

August 08, 2005

私市(きさいち)

昨日の六甲自主トレに続き今日(8月7日)も手軽な自主トレで私市へ。

ここは非常に手軽に登れるし、ルートが殆ど樹木に覆われ日差しが遮られしかもこの日は涼しい風が吹いて居たから歩き易い。

くろんど池まで来るといつもガッカリするのであるが、先ず鼻を突くバーベキューの臭い。

もちろん、誰が何を食べても良いのだが、何故何処へいってもバーベキューなのだろう?

下りは草原広場から峰道を歩いて獅子窟寺へ下る途中の“八丈岩”で一休みしてコーヒーを飲もうと思ったがカンカン照りに耐え切れず日陰にはいって飲む。

kisaichi

ここからは生駒山が北側から見れ、その南の金剛山も望見できる。

獅子窟寺は役の行者が建立したと言われており、昔はかなり大きな寺域を持っていたようだ。

私市で見かけた蝉の背中が人面に見えました。

jinnmennsemi

|

« 幽霊の足跡 パート2 | Main | 淀川は今3 »

山、ハイキング等」カテゴリの記事

Comments

夏山の気持ち良い写真とは対象的に、小、中学生の頃の理科室の人体模型を思い出しました。本とによく似てますね。時期的に何かを感じます。

Posted by: ごまめ | August 09, 2005 12:28 AM

ごまめさん
ハハー、人体模型ですか。
私はこのように顔を化粧した男の芸人が度々TVに出ていた記憶がありますが。

Posted by: shima | August 09, 2005 08:35 AM

ワハハァ~、このセミ面白~い。笑っちゃいますね~。へそ踊りの人のお腹に書いてある顔に、こんなのがありますよ~。

地名の読み方って、分からないのが多いですね。私市と書いて「きさいち」、先日の果無山脈もなんて読むのかしら・・・。

お天気が良くて 眺望を楽しむ事が出来てよかったですね。

Posted by: zucca | August 09, 2005 11:32 AM

zuccaさん、
これも自然の造形ですね。 本人は全く気にしませんが見る人間の眼には何か意味を読み取ろうと考えるのかなー。
私市(きさいち)は私も当初読めませんでした。
果無山脈は”はてなし さんみゃく”です。この名前を地図で見つけた時は大発見をした気分でした。
良い名前ですよね。 だからこの山脈の一部でも登りたいと思っています。

Posted by: shima | August 09, 2005 10:26 PM

shima様
私市という苗字の人と知りあいました。
キサイチさんとお呼びできずに、しばらく
は困惑しました。読みを教えてもらって
からも、メモに振り仮名つけていました。

Posted by: nekozizou | August 09, 2005 10:45 PM

nekozizouさん、
多分相手に対し”私”と言う字が有るから呼びにくいのかも知れません。
日本にはまだ沢山読めない人名漢字があるますね。

Posted by: shima | August 11, 2005 12:19 AM

shimaさん

はてなし山脈・・・名前聞いただけで、登ってみたくなりますね~。誰がつけたんでしょう、素敵な名前。

>この名前を地図で見つけた時は大発見をした気分でした。

大発見・・・同感です。その感動よく分かります。


Posted by: zucca | August 11, 2005 10:06 PM

zuccaさん
この果無山脈が7月18日の”熊野古道”に添付した3枚連結の”ほんまもん”の家の写真で一番後ろに見える山脈です。
今年は無理かな、でも来年は是非登りたいと思います!

Posted by: shima | August 12, 2005 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私市(きさいち):

« 幽霊の足跡 パート2 | Main | 淀川は今3 »