« 窓の灯や | Main | テンプレート »

April 29, 2005

幽霊の足跡

幽霊には足が無いから足跡等ある訳は無い、ですよね。

先日(4月17日)の枚方までの行程で行こうとして行けなかった場所を見る為に

24日、再度行程をたどる。

その場所の一つが佐太にある来迎寺でここには“岩清水八幡曼荼羅図”(重要文化財)と鎌倉時代の石造十三重塔があるのでそれを観たかった。

鳥飼大橋を過ぎて直ぐに土手を降り1号線沿いから少し外れた幹線用水路沿いに歩くが少し方向が怪しくなり来迎寺への道を尋ねると丁寧に教えてくれた。 そして挨拶して歩き始めると「幽霊の足跡」やな、と呟いた。「なんですか」と聞くと「いや、なんでもない」

と。 ミステリーな感覚に襲われた。 足の無い幽霊の足跡?

佐太天満宮に通ずる国道1号線の出るとやけに警官が多い。  なんだろう?

遂に警官に聞いた。 「なにか有ったんですか」 「これから皇族が通るんです」 「ヘー、どなたですか」 「皇太子殿下です。 もう直ぐ通ると思います」 「それじゃーお迎えしなくては」 「それではあそこの佐太天満宮の場所のほうが良いですよ。 お迎えの人の多い所は車がユックリ走ってくれます」 それで大急ぎで天満宮へ急いだ。

待つ事およそ20分、交通遮断した1号線を皇太子殿下の乗った車がユックリ走行。

私はデジカメで殿下を写し直ぐに裸視出来たが、ふと周りを見るとほぼ6割の人達が携帯を殿下に向けている。 手を振って戴いた殿下の方から観ると、国民の顔より向けられた携帯電話の数の方が多い光景は異様に見えるに違い無い。

回りの人達は殿下の笑顔に喜んだが、しかしまた、多くの人達は“雅子様が居られないので心無し殿下の笑顔はさびしかった”と感じたようだ。

さて、愈々来迎寺に入ると玄関の真ん前に幹の半分が空洞で折れ曲がった、しかし見事に手入れされた松がある。

玄関で若い坊さんに聞いた。

「曼荼羅図を見せて欲しいのですが」 「すみません、今大阪の博物館で展示中です。 石塔は後ろを回ってもらったら御覧になれます」 「むー」

「あのー、幽霊の足跡を見たいのですが」 「いや、今は見れません。 8月7日だけ公開します」 「どうしてもダメですか?」 「ダメです」 「あのー、幽霊には足が無いのに何故足跡があるのですか」 「ああ、それではこれを読んで下さい」 そうって手渡しで貰った物の一部をスキャンしたのが添付の写真です。

yuureino_ashiato

更にその若い坊さんは、

「丸山応挙が幽霊をより怖く見せるために足を無くして描いて、その幽霊図が有名になり、それ以来、幽霊に足が無い事が一般化されましたが、それ以前の幽霊には足がありました」  ウヘー!!

と言う事で幽霊の足跡を見たい方は8月7日に来迎寺へ是非行って下さい。

来迎寺の住所は守口市佐太中町7丁目11-17です。

|

« 窓の灯や | Main | テンプレート »

コラム」カテゴリの記事

Comments

幽霊に足がなくなったのは丸山応挙のせい・・・初めて知りました。面白いお話です。
応挙の前の時代には幽霊にも足があったんですね。でも 足があると怖さが半減しませんか。
文字の青いのがまたいいですね。ゾクゾクッッと背中が涼しくなりました。
小網町は今も日本橋小網町の地名でありますよね。

Posted by: zucca | April 30, 2005 09:29 PM

お石さんの幽霊、江戸日本橋からはるばる旅
をして、ようやくのこと成仏できたんですね。
なんにも持ってなくて、足跡をお礼に置いた
なんて、いじらしい! とてもいい由来話です。
 丸山応挙の絵の幽霊は、水も滴る美人です。だから、足を描くと美人画と間違えられます。凄絶な怖さをだすために、裾から足までは
消したのでは? 幽霊図の中でも際立って
美しいと思いましたよ。

Posted by: nekozizou | May 01, 2005 02:38 PM

ZUCCAさん
私の想像では応挙の前の幽霊達はもっと人々の生活に密着しており、そんなに怖い対象では無かったのかもしれませんね。
そであれば応挙は幽霊達に恨まれた?
字はその積もりで青くしました。でも祟りか、来迎寺の住所が何度訂正してもあのようになってしまい、おかしな表示になってしまいました!
私は8月7日に是非見たいと思っています。

Posted by: shima41 | May 01, 2005 07:51 PM

NEKOZIZOUさん、
昨年大阪の博物館で丸山応挙展があり、私が以前京都のお寺(どこか忘れました)でそっと見せて貰った幽霊図が観たくて行きました。
当日は超満員で、それを見ただけで鑑賞する意欲が薄れて幽霊も後ろの方から見れただけでした。 以前京都で見た物とは別物のようで寂しさを際立たせた女性で、怖さが感じられなかった記憶があります。 私の目には美人には見えなかったです。 
また、何故、江戸小網町のお石さんが、難波の来迎寺にきたのでしょうか?

Posted by: shima41 | May 01, 2005 08:05 PM

コメント楽しんでます。来迎は阿弥陀様が五色
の糸を降ろして、極楽へと救済してくださるところからついた名前です。当麻寺ほか「阿弥陀
如来来迎図」は浄土信仰の象徴として保存さ
れているようです。お石さんは成仏を願って、縁の深い浪速の来迎寺まで旅したのでしょう。

Posted by: nekozizou | May 02, 2005 09:50 AM

私も皆さんのコメント 楽しく拝見しております。
8月7日には行けそうもありませんが・・・楽しみにしております。
お石さんのたたり とかで・・・来迎寺の住所がうまく表示できないとのことですが、意識してこうされたのかと思っていました。
修正されたいようでしたら 「HTMLの編集」ページ をご覧になると記号が挿入されていますから、不要な記号を削除されたらうまい具合にゆくはずですよ。

Posted by: zucca | May 03, 2005 09:12 PM

ZUCCAさん
何時もアドバイス有難う御座います。 どうしてもHTMLの編集に切り替わらず難儀していました。 ところが先日リッチテキストに変更していた為のようでプレーンテキストに戻したらHTMLが表示され手探りで直せました。 本当に有難う御座います。
幽霊の足跡:以前のテンプレートの黒字に青の効果が新しいテンプレートでは無くなってしまいました。 残念!

Posted by: shima41 | May 05, 2005 10:20 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幽霊の足跡:

« 窓の灯や | Main | テンプレート »