« 河川敷小火 | Main | 幽霊の足跡 »

April 26, 2005

窓の灯や

madonohiya_640 前回(4月17日)の歩きで、見落とした場所があり再度ほぼ同じルートを23日に歩いた。

佐太天満宮の蕪村の歌碑「窓の灯や 佐太はまだ寝ぬ 時雨かな」に就いて少し疑問が浮かんで来た。 私は素直に“時雨が降る中、ああ、佐太もまだ窓に灯が見える。 (下流の毛馬村もまだ灯が点いているだろうか)”と解釈していた。

しかし、ルートの終点、枚方宿の博物館「鍵屋」で非常に親切な観光協会の方と話したおり、その人は、

     もともと現在の佐太は佐太と言う地名では無かった。

     菅原道真は、自分の領土でもある現佐太で自分の処遇に対する“沙汰”を待って

    居たので後にこの地名を佐太とした。

     あの句は菅原道真の娘に懸けて唄ってる。 娘が道真に会いに佐太へ来たが

    合えなかったので、その思いを蕪村がこの句に読み込んだ。

それを聞いて、なんと深い句なのだなーと思った。

しかし、句碑の横にあった石碑(無意識に写真を撮っていた)にこんな事が書かれていた。

「蕪村が丹後から故郷毛馬村に帰る途中、時雨降る淀川の夜舟から見た佐太村の情景――」

枚方の叔父さんには悪いが、この方が蕪村が感じ取った情景を絵画的に唄い、私でもその景色が目に浮ぶ程、自然であると思った。

あれー、今度は石碑の説明に疑問が浮かぶ。 蕪村は毛馬村には帰らなかったはずなのに。

私は俳句も殆ど知らない、蕪村も何と無く好きなのに殆ど知らない、人間です。 御免!

|

« 河川敷小火 | Main | 幽霊の足跡 »

コラム」カテゴリの記事

Comments

佐太村の情景を詠んだ蕪村さんの句について
おもしろいお話をありがとう。私も淀川をのぼる
夜船の上で、時雨に煙るような灯りを眺めて
の発句のような気がします。
「菅原伝授手習鑑」にも佐太村が出てきます
文楽や歌舞伎では有名な場面です。蕪村さん
の時代のもっと昔から天神様ゆかりの村だったことを知って、とてもためになりました。

Posted by: nekozizou | April 27, 2005 02:47 PM

早速コメント有難う御座いました。
私も俳句は殆ど解りませんが時々気になる句に出会います。
実際に句碑を見て河原に降りると
そこからは土手に阻まれ佐太天満宮は見えません。
しかし何と無く土手を透かして光景が浮んできます。

Posted by: shima41 | April 28, 2005 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 窓の灯や:

« 河川敷小火 | Main | 幽霊の足跡 »