« これで良いのかな | Main | ちょっと遅めの観梅 »

February 28, 2005

自然

私は信州で生まれ高校まで育ったから、人は”自然”の中で育って良かったね、と言う。 しかし当時の自分には、今言われている”自然”と言う言葉の意味を殆ど認識していなかった。
社会人となり、出張で訪れた国内、国外の数々の場所で時として雄大な”自然”の景観に出会い感動をしていたが依然として”自然”と言う言葉の意味を認識していなかった。
では自分が”自然”を認識したのは何時であったのだろう?
十年前、神戸震災の年の夏、それまで趣味や運動等無縁であった私も体がどうしても重たくなり、なにか運動をしなくては、と思って山へハイキングに行くようになり震災で荒れた六甲を毎週歩く事から始まり自分の足で山に入り歩く事で自然を認識し始めた。
山の会に入り行く山域が広がり高い山へ行く。 低くとも道の消えた山にも入るようになる。 そうすると道に迷い、方向を見失い、そこで突然自分は自然の真っ只中に居る事を認識し人間はこの自然の中で生かされているのだ、と言う事が実感を伴って判ったような気がする。 雪山で吹雪に見舞われて、或いは稜線で強風に煽られ、自然の驚異が体に直接伝わる。 そのような自然は人間に対して非常に厳しく時として命を奪う。

その一方、周りには草木があり鳥が訪れ、四季の花が咲くほぼ毎日接している穏やかな自然がある。
本来、自然にまかせ放って置けば良い自然が有る一方で人間の社会活動に依って消えてしまった自然、そして手助けしないと消えてしまう自然。
私にとっての自然とは、厳しい自然、優しい自然、消えそうな自然、全て今後何時までも付き合って行きたい自然です。

本日、シニア自然大学に入る事になりました。 上記はその申請と一緒に提出した物です。

|

« これで良いのかな | Main | ちょっと遅めの観梅 »

コラム」カテゴリの記事

Comments

woolhorse様 シニア自然大学にご入学
おめでとうございます。山を愛され、人の手の入って
いない自然が大好き・・・といわれたお気持ちをよく
理解できたように思います。
 平凡な生き方しかできていない自分を省みて、憧れ
を感じずにはいられません。あなた様の文章に学び、
また勇気づけていただきます。「千の風」にも!

Posted by: nekozizou | March 13, 2005 02:48 PM

NEKOZIZOUさん
遅くなりました。
自然大学は4月3日が開校日です。
本当は私が感じたままに自然と付き合えば良いのだと思います。
ただ、私が見、触り、感じた自然を体系的に勉強すれば、例えば他の人にもう少し良い説明が出来るかなと思います。
私の文章はボイヤマン氏等に仕込まれた商業英文がベースで、通常の文としては装飾の無い、味の無いレポート形式でしたから今漸く通常文として書き出した所です。

Posted by: shima41 | March 18, 2005 01:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自然:

« これで良いのかな | Main | ちょっと遅めの観梅 »